海外の大学に行くと学費はいくらかかるのか計算してみた

我が家には3人の子供がいます。
まだまだ大学生になるなんて想像もつきませんが、子供の教育資金で最も大きなお金が必要になるのがこの大学の時と言われています。




日本の大学の学費

日本の大学の学費は選択する学部によっても大きくことなりますが、国立大学で242万円、公立で254万円、私立文系学部で320万円、私立理系学部で442万円、医学部や歯学部だと1000万円超えです。
これに加えて大学受験のために塾や予備校に通うとなると年間40〜90万円かかります。
医療系大学はちょっと慎重に考えなければなりませんね…。
しかし、現在はグローバル社会です。
海外の大学に行きたい!!と言われるかもしれません。
そうだ!アメリカに行こう!

アメリカの大学の学費

アメリカの大学の学費はどれくらいでしょうか?
見ていくと私の子供は日本人なので州外出身者になるので学費24,930ドル、寮・食費10,440ドルで合計35,370ドル。
1ドル=100円として計算すると350万円くらいですね。
はい。これ1年間でです。(汗)
ひ、ひぇ〜〜〜〜…。
普通に1000万円コース…。
しかし、アメリカの大学は奨学金制度が充実しているようですね。
でも本人次第なので奨学金を織り込むのは危険ですね…。
よし!アメリカが難しいならお隣のカナダはどうだ!

カナダの大学の学費

カナダも調べてみるとアメリカとそう変わりません。
学費、滞在費、保険、ビザなど1年間の合計が平均270万円程度。
4年間ならこちらも1000万円コース…。
学費は幅があるようですが1年間で90〜240万円とありました。
う〜ん…。
アメリカと同様に高いですね…。
じゃあイギリス!!

イギリスの大学の学費

イギリスも通う学部によって大きく変わりますが10,000£くらいでしょうか。
高いと38,000£とかするようです。
1£=150円とすると150万円。
4年間で600万円。
普通に日本の私立理系大学より高いですね…。
もう道はないんでしょうか…。
否!!まだ道はあります。
それが北欧の国。

北欧の大学の学費

ノルウェー、フィンランド、ドイツ。
この3つの国では日本人でも学費なしで大学に行くことができます。
また、フランスやスペイン、イタリアも学費はそこまで高くありません。
チェコもチェコ語での履修であれば無料のようですね。
つまり、生活費をなんとかすれば大丈夫ということになりますね。

まとめると…

まとめるとこんな感じになります。
 学費(万円)
日本国立242
日本公立253
日本私立文系320
日本私立理系442
アメリカ996
カナダ960
イギリス600
ノルウェー0
フィンランド0
ドイツ0
世界に名が轟く大学があるアメリカ、カナダ、イギリスの大学の学費が非常に高いのが一目瞭然です。
むしろ学費が安かったらどこにカラクリがあるのかと詮索してしまいそうです。(笑)
しかし、北欧の大学も学費が安いからイマイチなのかと言われるとそうでもなさそうです。
アジア圏の大学の学費はまだ調べていませんが、学費の安さでは北欧の国の大学が目立ちます。
もちろん各国の今後の政策などで学費が大きく変わることは十分考えられることです。
また、アジア圏の今後の経済成長を考えると子供達が大学に入学する頃には情勢は様変わりしている可能性も十分考えられます。
自国外から留学してくる学生に対しての学費は変更されることも多いにあるでしょう。
また、入学前の語学を学ぶための費用、渡航費、保険など日本の大学進学ではかからない費用もあるので一概には比較できません。
学費が安ければいいかというとそういうわけでもありませんし、一見、学費が高額なアメリカやイギリスも奨学金制度が充実している場合があり、利用することで希望する大学に通うことができるかもしれません。
ただ、まず親が日本の大学のみを考えるのではなく視野を広げて検討してみようと思い調べてみました。
とりあえず「これを学びたい→ここの大学に行きたい→自分で奨学金とか調べたら自分でなんとかなりそうだから自分でするわ。」というのを密かに期待しています。(笑)
可能であれば彼氏彼女の事情という漫画の宮沢雪野のように自分で選び学費も財テクで稼いでもらいたいですね。(笑)
そして、大学という私が学生人生で最も楽しかった時間を大切にしてもらいたいです。
大学など教育資金を蓄えておくのも大事ですが、子供自身に金融リテラシーを身につけてもらい大学の資金を自分で運用し工面してもらうという方法もいいかもしれません。(笑)




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする