8月から高齢者の高額医療費と介護サービスの負担割合が変更になります

2018年8月1日から70歳以上の方の高額医療費の限度額と介護サービス利用時の負担割合が変更になりました。

もちろん安くなったわけではなく、高くなったんです。

悲しい現実かもしれませんが、これは現行の医療制度と介護制度を保つためには仕方のないことかもしれません。




高額医療費が細分化され増額

まず、高額医療費のほうですが、細分化されややこしくなってますね…。

表にすると以下のようになります。

2018年7月まで 2018年8月から
所得区分 外来(個人) 外来+入院  (世帯合計) 外来(個人) 外来+入院        (世帯合計)
現役並み所得者

年収約1160万円~

標報83万円以上 課税所得690万円以上

57,600円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(44,400円)

252,600円+(医療費-842,000円)×1%

(140,100円)

年収約770万~約1160万円

標報53~79万円 課税所得380万円以上

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

(93,000円)

年収約370万~約770万円

標報28~50万円 課税所得145万円以上

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

(44,400円)

一般

年収156万~370万円

健保 標報26万円以下

国保・後期 課税所得145万円未満

14,000円

上限14.4万円

57,600円 (44,400円)

18,000円 (年間14.4万円上限) 57,600円 (44,400円)
住民税非課税

8,000円

24,600円

8,000円 24,600円
住民税非課税で所得が一定以下

15,000円

15,000円

※( )内の金額は、過去12ヶ月に3回以上高額療養費の支給を受けた場合の4回目以降の限度額。

ややこしい…。ややこしすぎる…。

要するに、年収約770万円を超える方の高額医療費が大幅に増額されたので負担額がかなり大きくなります。

どれくらい違うかをシミュレーションしてみましょう。

医療費が世帯合計で10割負担で100万円かかったと仮定します。

7月までは、

80,100+(1,000,000-267,000)×1%=87,430円が限度額となり、3割負担で支払った30万円のうち212,570円が返ってきます。

一方、8月からは、

限度額 返ってくる金額
年収約1160万円以上 254,100円 45,820円
年収770〜1160万円 171,820円 128,180円
年収370〜770万円 87,430円 212,570円

と、大きく負担額が変わることが予想されます。

年収370〜770万円までは現行と変わりませんが、外来(個人)での限度額がなくなり、入院+外来での世帯合計のみとなっています。

そして地味に一般の上限額も4,000円ほど上がっていますね。

介護サービスの負担割合の増額

一方の介護サービス利用時の負担割合ですが、一部の人で2割負担から3割負担に増額されます。

年金収入+その他の合計所得金額の合計額が単身世帯で340万円以上、または2人以上世帯で463万円以上の場合に3割負担となります。

2014年の高齢者の平均所得金額が297.3万円なので、介護サービス利用時に負担割合が増える方もいそうですね。

高額介護合算療養費制度の細分化と増額

最後に、高額介護合算療養費制度の限度額も70歳以上の場合で見直されています。

2018年7月まで 2018年8月から
現役並み所得者

年収約1160万円~

標報83万円以上 課税所得690万円以上

670,000円

2,120,000円

年収約770万~約1160万円

標報53~79万円 課税所得380万円以上

1,410,000円

年収約370万~約770万円

標報28~50万円 課税所得145万円以上

670,000円

70歳未満の場合とほとんど同じ限度額となりました。

まとめ

すごくややこしいことになってきましたが、結構な増額となっています。

完全に進歩した医療や介護に制度やお金がついていけていない印象だけが残ります…。

あの手この手で医療費や介護費を抑えようとしていますが、結局のところあまり有効な手立てはないように思います。

現在盛んに行われている薬局バッシングも日本の薬局が全て潰れて薬局薬剤師が全員路頭に迷ったとしても削減できる医療費は2兆円程度です。(残り6兆円ほどは薬そのものの値段なので薬を誰から受け取ろうと服用している限り削減できないです。)

平成27年の国民医療費は合計で42兆円ですから、その割合はわずか5%ほど。

焼け石に水状態です。

今後も医療費の負担額が増えると断言はできませんが、増える可能性のほうが高いかなと思います。

まずは、自分でできる対策は今からしておくことをオススメします。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする