我が家に車両保険は必要かを考えてみた その1

この度ゴールド免許になりました!(←しつこい)

ここで次の自動車保険の見直しを検討していますが、その上で気になるのが車両保険です。

シミュレーションしてみるとよくわかりますが、自動車保険の保険料のうち車両保険の占める割合は非常に大きいです。

車両保険をなくすだけで大きく保険料が下がるわけですが、車両保険を外すということは自分で修理費を支払うということになり一気に大きな金額を失うことになります。

今回はこの車両保険にスポットを当てて、今の私に必要なのかを考えてみたいと思います。




車両保険とは何か?

まず車両保険とはどういうものかを知らなくては話になりません。

車両保険はすごくざっくりいうと「自分の車を補償する保険」です。

交通事故による自分の車の修理費はもちろん、イタズラや車上荒らしなどでの窓ガラスの破損、飛び石での破損、洪水などの災害による破損など自分の車が破損した時に支払われるのが車両保険です。

また、車両保険は初度登録から計算された時価で保険金額が決定されます。

つまり、車が古くなってくると保険金額の上限がどんどん減っていくんです。

なので古い車だと車両保険で補償される金額が減っていくので加入するメリットが減っていくのが理解できます。

一般車両と車対車+限定Aって?

車両保険に加入する時に、その補償の範囲を決めなくてはなりませんが、その際に出てくるのが一般車両か車対車+限定Aです。

車対車+限定Aは保険会社によってエコノミーと呼んだり車両危険限定特約と呼んだりしています。

補償内容は表を見た方がわかりやすいです。

出典:SBI損保ホームページ

自転車との衝突や当て逃げなどが補償されるかされないかの違いがありますが、注目点は一般車両の場合、自分一人での事故も保険金が受け取れる、相手が過失を認めなくても保険金が受け取れるという違いです。

車対車+限定Aは相手が過失を認めた場合に保険金が受け取れるのでごねられたりすると非常にめんどくさいことになりそうというのが容易に想像できます。

しかし、その分一般車両の保険料は車対車+限定Aよりも年間で2〜3万円ほど高いです。

一月あたりだと1,000円から2,000円ほど高くなります。

車両保険から保険金を受け取ると等級ダウンで保険料が上がる

これは保険なので当然なのですが、事故などで保険金を受け取ると等級が下がり負担する保険料が上がります。

これはソニー損保のホームページを見るのがわかりやすいです。

出典:ソニー損保ホームページ

これを見る限り車両保険では代表的な例だと電柱などにぶつけた場合のみ3等級ダウン、他の場合は1等級ダウンになりそうですね。

逆にこれを見る限りでは車両保険を使った場合は等級ダウンは免れない可能性が高いです。

ほぼ間違いなく1等級以上は下がると思っていていいと思います。

様々な例でシミュレーションの前に…

車両保険の概要がわかってきたので本題に入っていきましょう。

代表的な例をあげてシミュレーションしていこうと思います。

まずは基本情報として年間の保険料は

車両保険なしの場合:年間30,000円

車対車+限定Aの場合:年間50,000円

一般車両の場合:年間80,000円

車両保険の保険金額:100万円

等級は15等級

とします。

車同士の事故で自分の車を直した

車同士の事故でバンパーとドアの修理が必要です。

修理費用としてバンパー20万円、ドア10万円で合計30万円の出費です。

車両保険を使った場合は修理費用の支払いはなくなりますが、3等級ダウンです。

修理費 5年間の
合計保険料
10年間の
合計保険料
10年間の
総合計金額
車両保険なし 300,000 189,000 320,000 620,000
車対車+限定A 0 315,000 532,000 532,000
一般車両 0 506,000 851,000 851,000

計算が複雑になるので事故の過失割合などは無視した場合としました。

30万円ほどの修理となると修理費を含めた10年間の総支払い額は車対車+限定Aが最も安いという結果になりました。

しかし車両保険なしの場合のその差額は7万円程度です。

10年に1度くらいの修理の頻度でよければ車両保険なしと車対車+限定Aの差額でほぼ修理費が賄えるという点です。

もっと事故やその他の出来事で修理が増えると車両保険に入った方が金銭的負担が少ないと思いたいですが、車両保険を使うともちろん等級が下がるのでトータルの金額的には差が見られない可能性が高い印象を受けまし、正直車両保険入っている場合でも等級下がるから…。って使わないで修理する場合多くないですか?(個人的感想です)

バックで電柱にぶつけてしまった

バックして駐車する際に電柱にぶつけてしまった場合、電柱の修理費は対物賠償から保険金が支払われるので考えずに車の修理費15万円のみ考えることにします。

また等級は3等級ダウンです。

修理費 5年間の
合計保険料
10年間の
合計保険料
10年間の
総合計金額
車両保険なし 150,000 189,000 320,000 470,000
車対車+限定A 150,000 239,794 428,569 578,569
一般車両 0 423,000 736,000 806,000

この場合、車対車+限定Aは保険の対象外となるので保険金は支払われません。

15万円の修理費を支払った場合でも10年に1度の修理であれば車両保険なしが一番安い結果になります。

15万円くらいの修理費なら車両保険なしで年間9万円ほどお得となるわけです。

番外編:車上荒らしにあって窓を修理した場合

車上荒らしなんて会いたくないですが、この場合、何を盗難されたかで車両保険が支払われるかが決まります。

もし、車のカーナビやカーオーディオなど車の備品が盗難された場合は車両保険が支払われます。

また、この保険金を受け取った場合には1等級ダウンとなります。

しかし、自分の財布やカバンなど身の回りのものが盗難された場合には車両保険の適応とはなりません。

つまり壊れた窓などの修理費は自分で出さなければならなくなります。(犯人が捕まれば請求できることもある?)

泣き寝入りは非常に悔しいですが、致し方ないんですかね…。

次回へ続く

ちょっと長くなってきたので続きのシミュレーションは次回にしようかと思いますが、ここまで見た限りでは、今の車ももうそろそろ10年くらい乗ることになりますし、車両保険は不要かなと思っています。

実際に車両保険の保険金額を最大にしても保険料は500円変わるか変わらないかくらいのようです。(未確認)

なので、逆にいうと保険金額が安くなっても保険料は大して安くならないとも言えると思います。

車両保険は車の評価価格が保有している間に下がっていくことによる保険金として支払われる金額の減少の方が問題です。

次回は「全損」つまり事故などでもう乗れなくなった場合もシミュレーションしてみようと思いますが結果はどうなるでしょうか?

そして、これで妻を説得できるでしょうか?(笑)




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする