養老保険に支払っていた1万円でどのETFを買う?

今まで加入していた養老保険の保険料の支払いを止めて、その分の1万円で海外ETFの買い付けを行おうと考えています。

理由としては、現在投資先こそ世界中に分散させていますが通貨としては円のみであり、もともとドル建ての養老保険だったのでそのままこの資産分くらいはドルでの運用を目指したいので海外ETFを購入するという決断になりました。




債券ETFを考えている理由

今回は債券のETFについて検討したいと思います。

というのも、現在アメリカの利上げでBNDやAGGが魅力的な利回りになってきています。

また、日本円は現金でも保有しており株式や投資信託も日本円での保有となります。

今後も債券のインデックスファンドへの投資は変わらず考えておらず、保有するなら個人向け国債か海外ETFを考えていました。

今回、養老保険の保険料の支払いをストップするに伴い月1万円ほどの固定費が削減されますが、現在投資信託の方で先進国株式の比率はだいぶ高くなってきていることもあり、債券ETFへ投資しようかと考えています。

王道のBNDとAGG

以前のブログでもシミュレーションはBNDで行いましたが、非常に値動きが安定しているのがBNDとAGGです。

ベンチマークは、AGGが「ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックス」、BNDは「ブルームバーグ・バークレイズ米国総合不動調整インデックス」になります。

不動調整があるかないかですが、今回はまあ同じようなもんということで考えています。

BNDとS&P500のチャート

紫色のチャートがS&P500ですが、比較するとリーマンショック時にも大して下がらないという鉄壁さがわかりますが、逆に言えばキャピタルゲインはほとんど望めません。

つまり、現在3%近くあるインカムゲインがメインとなります。

また、配当金の成長もほとんどありません。

2007年に0.13ドルだった配当金は直近で0.18ドルちょっとになっています。

BNDの構成比率

BNDの構成比率です。

構成比率の多くが米国の10年以下の比較的短期間債券の比率が非常に大きいことがわかります。

債券の価格変動の特徴として、残存期間が短いものや利率が高いものほど金利変動による債券価格の変動が小さくなるという特徴があるので、比較的短い期間の債券で構成されているBNDやAGGは価格変動が小さめになるわけですね。(BNDの平均残存期間は5~10年)

配当利回りと経費率

BNDとAGGの配当利回りと経費率はほとんど同じです。

配当利回り 経費率
BND 2.69 % 0.05 %
AGG 2.50 % 0.04%

株式に対してBNDやAGGは逆相関にはなっていないように思えます。

リーマンショックなどの大暴落時もあまり値動きせず、インカムゲインを積み上げてくれるといったイメージを持っています。

BLVやTLTなどの長期債券ETF

より残存期間が長い長期債券で構成されているETFがBLVやTLTです。

BLVのベンチマークは「ブルームバーグ・バークレイズ米国政府クレジット不動調整(10年超)」で、TLTが「ICE米国国債20年超指数」となっています。

平均残存期間はBLVが24.0年、TLTが25.64 年と若干ながらBLVの方が短くなっています。

S&P500とTLT、BLVのチャート比較

チャートを比べてみます。

赤チャートがS&P500青がTLT紫がBLVです。

TLTとBLVは似たような値動きになっています。

リーマンショックのあたりを見てみると少なくともBNDよりは逆相関しているように見えます。

平均残存期間がBNDよりも長い為、値動きもBNDと比べて大きくなっています。

つまり、金利による値動きがBNDなどよりも大きいんですね。

BLVの構成比率

BLVの構成比率です。

20~30年の債券がほとんどですが、BNDよりも米国政府債の比率が少ないですね。

配当利回りと経費率

配当利回りと経費率です。

配当利回り 経費率
BLV 3.98% 0.07%
TLT 2.68% 0.15%

これはBLVに軍配ですね。

というか、BLVは利回り4%あるのか…。

TLTの経費率も安いとは思いますが、BNDやAGGはもとよりBLVがそれ以上に安くて見劣りしてしまうのが残念ですね…。

まとめと今後の方針

比較的短期の債券の比率が高いBNDやAGGと長期の債券比率が高いBLVとTLTを見てきましたが、同じ債券のETFとはいえ全然違いますね。

また、正直BLVの利回りは魅力的です。

ただ、問題は債券ETFに利回りを求めるのかどうかですね。

正直利回りを求めるなら過去のリターンから見ても株式の方が圧倒的です。

BLVなどは単独で投資してしまうと、すごく悪く言えば中途半端なのかもしれませんね。それでも使い方次第なのでしょうけど…。

というわけで、今後の方針は…。

決めていません…。(苦笑)

もうちょっと考えます。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする