Kyashはプリペイド式のVisaカードで還元率が最高

今回はtwitterやブログなどで教えていただいたKyashについて調べてみました。

リアルカードの発行が可能になり使用の幅が大きく広がり、その高い還元率で話題沸騰のカードです。




今大注目されているKyash

もともとKyashは個人間の送金などを行うアプリでしたが、実店舗(Visa加盟店)でも利用できるリアルカードの発行が可能になり注目されているカードです。

また、申し込みもプリペイド式なので非常に簡単で、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを入力して終了という簡便さでした。

Kyashの最大のメリットは還元率の高さ

Kyashの最大のメリットはその還元率の高さです。

2%も還元してくれるのは非常に大きなメリットです。

しかもキャッシュバックですから非常にありがたい。

クレジットカードからKyashにチャージすることでプラス1%されますので合計3%の還元率です。

もちろん、個人間の送金などが手数料無料で出来るのは非常に大きなメリットですが、やはりこの還元率が何より目を引きます。

超個人的なリアルカードを作ってなかった理由

Kyashのリアルカードを作る時に、個人的に非常に大きな足枷となっていたのは1日あたり(1回あたり)の限度額と利用できない支払いがあることです。

今までは3万円だったので、普段の細かい買い物はいいんですけど大きな買い物や飲み会の代金の立て替えの時は使えないな…。と思っていました。

基本的にインドア派の私がリアルでクレジットカードを利用する時は、子供達と買い物に行った時か飲み会の時がほとんどです。

子供達と買い物に行った時の買い物は高くても1,000円〜2,000円なのでいいのですが飲み会の時は10人ほどで行く時もあるので3万円という上限だと利用できないので非常に微妙な金額設定でした。

※月の上限である12万円は楽天市場での買い物も含めても12万円ほどなので、これは個人的に問題にはなりません。

利用できないケース

また、その他にクレジットカードで支払っていたのが、毎月の電気料金や携帯電話などの通信費、ガソリンなどですが、そのいずれもKyashのリアルカードは利用できません。

  • 毎月継続的な支払いや自動更新手続きが発生する加盟店
  • 月額利用料金の支払い
  • ガソリンスタンド
  • 高速道路
  • 航空券
  • ホテル
  • レンタカー
  • 各種プリペイド・電子マネー、nanaco、Edyなどへのチャージ
  • 公共料金、電話料金、インターネット、保険料などの支払い

には利用できないため、これらの支払い以外の利用となると上記のように子供達との買い物、飲み会の代金くらいしか出番がありませんでした。

1日の上限が5万円にアップしたことで利用機会が多いと判断し申し込み

ところが、つい最近1日の上限額が5万円にアップされました。

これによって10人ほどの飲み会でも利用できるため利用機会が増えると判断したので早速申し込みをしました。

ただ、申し込んだのはいいのですが、なんと現在大人気のようでカードが手元に届くまで20日ほどかかるという連絡がありました

ガーン…。

ただ、これだけ人気だと逆に2%の還元がいつまで続くのか心配になりますが、このサービスが続く限り利用させていただこうと思っています。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする