200記事&300フォロワー記念。フラフープダイエットインバースインデックスを開始します

何の話?と思われた方。大変申し訳ありません…。

先日ありがたいことに200記事&300フォロワーを達成することができ、何か企画を考えていたのですが、いい案が思いつかなかったのですが、今回もツイッターでお世話になっているなまずんさんからの提案でフラフープダイエットの記録をつけていこうと思います。

その名も「フラフープダイエットインバースインデックスです。




インバースインデックスって何?

フラフープダイエットインバースインデックス。聞いたことないですよね?

だって私が考えたんですもん。笑

そんなETFはこの世に存在しないです。紛らわしいことして申し訳ありません…。

順を追って説明します。

フラフープダイエットはわかるけどインバースって何?という方もいらっしゃるでしょう。

インバースは「逆の」とか「反対の」という意味です。

日本で取引できるETFの中には日経平均やTOPIXなどに連動するETFがありますが、これは日経平均などが上がったら利益が出るETFばかりではありません。

実は日経平均などが下がると利益が出るETFが存在します。

それがインバース型(ベア型)のETFです。(ダブルインバースなど2倍のレバレッジをかけた場合と同じような効果のあるETFも存在します。)

インバース型ETFのメリット

日経平均や個別株式が下がると利益が出る方法というと空売りという方法を思いつくかもしれませんが、インバース型のETFを買うことで空売りした場合と似た効果を得ることができます。

空売りという方法だと信用取引しないとできません。

なので、この信用取引にかかる貸株金利などがかかりますし、逆日歩や追証のリスクも出てきます。

しかし、インバース型のETFは信用取引ではなく現物取引が可能なので、信用取引特有のリスクがないことからリスク低減のための1つの方法として用いられることがあります。

しかし、インバース型ETFもメリットだけではなく、デメリットも存在します。

インバース型ETFのデメリット

インバース型ETFの最大のデメリットが「減価」することです。

減価する理由についてはここでは触れませんが、1日の中で売買取引が終了する場合はいいのですが2日以上にまたがる場合は値動きが上下動することによって減価が生じる可能性があるので注意が必要です。

例えば、日経平均のインバース型ETFと購入後に日経平均が10%下落すれば、10%利益が出ます。

わかりやすく、日経平均に連動するインバース型ETFの株価が1,000円だったとすると10%下落したので1,100円になります。

ここで売却すれば10%の利益が確定します。(でも1日で日経平均10%下落とか勘弁して欲しいですね…。)

2日目はさらに10%下がったとします。(もう悪夢ですね…。)

すると1,100円+(0.1×1,100)=1,210円になります。

1日目と合計で20%日経が下がったのに、インバース型ETFは21%値上がりしています。

3日目に10%上がったとすると、

1,210円+(-0.1×1,210)=1,089円になります。

あれ?

2日目までで20%上げて10%下がったので利益は10%は少なくとも出ているはずなのに8.9%の利益しか出ていません…。

これが減価です…。

なので、インバース型のETFは長期の投資には向いていないんですね…。

本題のフラフープダイエットインバースインデックス

本題に戻ってフラフープダイエットインバースインデックスですが、ただ私の体重変化を記録しても面白くないので、

「やはり体重は減れば嬉しい→インバース型!!→フラフープダイエットインバースインデックス創設」

という短絡的な考えで誕生しました。笑

2日以上に渡ると減価してしまいますが、末永くお付き合いをお願いいたします。笑

というわけで、昨日10月25日を基準日として私の体重指数は100、フラフープダイエットインデックスファンドの株価は1,000円としました。

昨日10月26日の体重指標は100なので株価も1,000円です。

そして本日10月27日の体重指標は99.5になります。

フラフープダイエットインバースインデックスの株価は1,005円となりました。

今後はブログの先頭につけて楽しもうと思います。笑

途中で飽きなければこんな感じになると思います。

某◯フーファイナンスの画面ですね。笑




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする