持株会にも色々あるんだね

「持株会」と調べるとオススメする論調とオススメしない論調どちらも出てきますが、どちらかというとオススメしない論調の方が多く見受けられます。

主なデメリットとして給与と自分の資産の両方を勤務先に依存してしまう点が挙げられています。自分が勤めている会社が傾けば、給与が下がるし、最悪クビになり収入が途絶えた上に、自分の資産までも大きく減るという自体になりかねないので、このデメリットは最もな指摘です。

しかし、個人的には、「持株会=危険なもの」と考えるのではなく、自身の会社の持株会がどう言った制度の持株会なのかだけでも調べておくことをオススメしたいと思います。




従業員持株会とは

従業員持株会というのは、その名の通り給与からの天引きで勤めている会社の株を購入することです。

メリットとしては、積立金に対して5〜30%の奨励金が出ること、普通に株式を購入した場合と同様に配当金が受け取れることなどがあげられます。

一般的な持株会だとお金と株式の移動はざっくり書くとこんな感じです。

この従業員が支払うお金に対して会社側の奨励金も追加で支払い株式を購入しますので株の購入量自体は奨励金の割合に応じて増えていきます。

仮に10%の奨励金が出る場合には月々10,000円を持株会に積み立てれば11,000円になるわけですから年間で12,000円も多く積み立てることができます。

ただし、やはり株式なので値動きがかなりありますし、奨励金の10%以上の下落もザラにありますので普通に株式を購入するのと同等のリスクがあります。

信託型従業員持株インセンティブプランとは

一方で、信託型の持株会を導入している企業もあります。

E-shipとも言われているようですが、E-shipはESOPを改良したものという位置付けのようです。

特徴的なのは3〜5年という期間が設けられていること、お金と株式の流れが従来の持株会と異なるところにあります。

ややこしいのでざっくりとしたフローチャートを作るとこんな感じです。

まず、従持信託は銀行からお金を借りて、3〜5年分の株式を一気に購入します。

その後、持株会がこの従持信託から毎月株式を買っていくという構造になっています。

この信託が終わるときに株価が上がってる場合は、持株分の利益に加えて分配金を受け取ることもできるので、一般的な持株会よりも大きな資産になる可能性があります。

逆に値下がり時はどうかということですが、その場合は従持信託が大赤字になります。

従業員は一般的な持株会の場合と変わりないので、一般的なデメリットと同様です。

では従持信託の大赤字は誰が負担するのかというと自分が勤めている会社になりますので、会社の負担はE-shipの方が圧倒的に高いように思えますが、一個人から見ると、デメリットは一般的な持株会と同程度で、メリットは一般的な持株会よりもかなり上に思えます。

しかし、結局のところは赤字分を会社が負担していることになるので巡り巡って自分の給料などに影響が出るかもしれませんが、大きな問題はこの従持信託の赤字分はE-shipで積み立てていようが、積み立ていまいが社員全員に降りかかるということです。

しかし実際に、従持信託の赤字分を補填するために給料などが削減されるところまで行くかわかりませんし会社としてもそこまで大きな赤字になるような金額にはしないでしょう。

薬局グループだとクオールがE-shipを導入していますが、持株会が取得する金額はクオールが現在保有している現金などの10分の1以下の金額です。

私ならどうする?

実際に私ならどうするかというと、勤めている企業によるとしか言えないのですが、自分が勤めている会社の決算書などを見た上で決めると思います。

その上で、会社にどういった形での持株会が導入されているのかを総合的に判断するでしょうが、私は薬剤師なので例えば、日本調剤やアインホールディングスで働いていたとして持株会に入るか?と言われると…。

日本調剤は財務状況が好みではないので入りません。

アインホールディングスは調剤薬局事業の事業展開が好みではないので入りません。

E-shipを導入しているクオールですが、IRを見ると期間が平成33年までということなのであと3年しかないので今からだったら私は加入しないですかね。

あ、ポートフォリオの一部なら持株会に入るのもありだと思うという趣旨で書こうと思っていたのに私は入らないという結果になってしまった…。

現場からは以上です。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする