株価が軟調なので今年取り組み来年から本格的に効果が出る節約を振り返る

連休明けの今日、日経平均は一時1,000円以上値を下げ、さらに下げが加速しました。

パーセンテージだと5%程度の下げなので暴落と呼ぶにはまだまだという感じもありますが、高値から5,000円ほど下げているので正直キツさはありますね…。




私はというと1銘柄損だしをしましたが、それ以外の銘柄は継続で保有しています。

そして、キツいのはキツいんですけど自分でもビックリなどほど冷静です。笑

理由として考えられるのは、今までの相場で現金比率を自分が保てる水準まで引き上げたこと、今後我が家の家計は今年1年間取り組んだ節約効果をフルで享受できるようになることがあげられると思います。

現金比率を高めたというより目標を決めて現金を貯めた

まず、現金比率は個別株式と投資信託への投資金額に対して3割ほどまで引き上げました。

以前はほぼフルインベストだったことを考えると急速に現金比率を積み上げたことになります。

現金比率を引き上げた背景には今年年初のVIXショック(と呼んでいいのかわからないけど)が挙げられます。

私にとってあの急落はなかなかのインパクトで、そこから徐々に現金比率を高めていきました。

現在3割ほどの現金比率ですが、割合というよりも今後の下落相場で十分に買い増しをできる現金を保有しておきたかったという側面が強いです。

金額としていくら以上で、現時点でこの銘柄とあの銘柄を何株買い増したいからという基準で現金を保有しています。

また、現金として保有しているだけでは面白みがないので、一部はIPOの申し込み資金として、一部は優待クロスの資金として待機させている状態です。

来年からフルで享受する節約額

また、今年1年間は生命保険に格安SIMへの移行、来年3月には自動車保険の見直しと固定費の大幅な削減に取り組みました。

また、賛否両論別れているところではありますが、保育料の無償化も控えています。

保育料無償化は来年10月以降なので考慮しないとして、今年取り組んだ固定費の削減効果は年間で40万円を超えています。

これが来年はそのまま余剰資金として加わる計算になるため、完全なる偶然ではあるのですが下落相場を迎え撃つ形になります。笑

逆に、現状これ以上の節約法が思いつかないので今後は私もしくは妻の収入を増やすか私の収入源を増やすなどの方法のみになります。

稼いで貯めて、回して増やす

来年も苦しい相場になるかもしれませんが、今までの相場が楽過ぎたともとれるかもしれません。

何れにせよ、来年は今年以上に余剰資金が確保できますので、地道に勉強し、地道に積み上げていくだけです。

積み上げるのはしばらく現金かもしれませんし、株かもしれませんしそこはまだわかりません。

しかし、兎にも角にも「稼いで貯めて、回して増やす」とモットーに生き残り続けたいと思います。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする