12月に読んだ2冊

更新が遅くなりましたが、12月は2冊の本を読むことができました。

しかし…。一向に読書スピードが上がりません…。




組織にいながら自由に働く

私がすっかり虜になっている楽天の社員でありながら、自分の会社を経営し自由な働き方をされている著者が綴った本書。

「加減乗除の法則」を実際の体験を交えながら書かれていて非常に読みやすい本になっています。

ただ、正直にいうとこれを自分で体現しようとするとなかなか腰が重い人も多いだろうなというのが率直な感想。でもそれは、私がそのステージにいないからかもしれない。

ただ、いろんな仕事をつなげていく感覚は少しだけ私個人も感じているところ。

点と点がつながり広がっていく感覚は少しだけどわかる気がする。

組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除( -×÷)の法則」 [ 仲山 進也 ]

価格:1,620円
(2019/1/25 16:54時点)
感想(1件)

堅実で科学的な株式投資法

現役大学教授である著者。かなりの数の著書がありますね。

私は初めて読みましたが、短期、中期、長期とそれぞれの手法が丁寧に説明されていて、さらに今までに触れたことがない考え方で面白かったです。

実際のチャート、分析結果など詳細に記載されていて読み応えも抜群。

世の中には本当にいろんな方法がありますね。

自分に合っている投資方法はどんな方法か、今後も様々な本を読んでみたいと思っています。

現役大学教授が実践している堅実で科学的な株式投資法 上昇期でも下落期でも勝率8割! [ 榊原正幸 ]

価格:1,728円
(2019/1/25 17:04時点)
感想(0件)

1月はさらに読めてない…

1月はなんだかんだとさらに読めていません…。

積ん読が増えるばかりです…。

1冊、1冊しっかり身につけて前に進んでいこうと思います。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする