子供にもお金の価値を身につけてほしい。ラクマでの販売を手伝ってもらいました

先日の53さん(@zuraotwitte )のブログを読んだ人はさぞ感銘を受けたことと思います。(53さんのブログって面白いよね。)

私もその中の一人で、子供にメルカリやラクマ、ヤフオクでの販売を手伝ってもらい「商売」というものを身近に感じて欲しいと思っています。

お金を貯めることも大事だけど、稼ぐことも同じくらいいやそれ以上に大事ですしね。




サイクルの最初は「稼ぐ」

村上世彰さんの言葉を借りると「稼いで貯めて、回して増やす、増えたらまた回す」のサイクルが大事なんですが、このサイクルの最初は「稼ぐ」。

稼がなければ貯められるものも貯まらないので、配当金云々の前に「稼ぐ」に注目しなければいけなかったのかもしれないですね…。

稼ぐといっても方法はたくさんあります。

自分で働いて稼ぐにしても、投資をするにしても、稼ぐ力や稼ぐシステムがどうなっているかを理解することは非常に大事だと思っています。

この子供に出品作業を手伝って欲しい目的の1つ目は、どういう流れで稼ぎが出るのかという流れを掴んで欲しいのですが、フリマアプリやヤフオクは非常にいい方法に思えます。

物の価値を身につけるって簡単な様で難しい

2つ目として、物の価値の感覚をつけて欲しいからというのがあります。

ここってすごく大事だと思うんですよ。

価値に見合うかどうかの判断は人それぞれだと思うんですが、物の値段がどうしてその値段なのかまで考えを巡らせて欲しいんですよね。

お前は村上世彰の信者か!と言われそうですが、これも村上さんの受け売り。笑

私はスニーカーとか全然興味なくて、ファッションとかも全然興味ないんですが、好きな人はめちゃくちゃ高いスニーカーとかでも買うじゃないですか。

そういえば、お笑い芸人でもあるカジザックさんがスニーカー云々で炎上していた様ですが、そのフォローをする相方の西野さんのブログがめっちゃ面白いので読んでみて欲しい。笑

「西野 ブログ」で検索するとすぐ出てきます。(西野さんなりの火消しの方法らしいです。)

そういうのも含めて、色んな物とお金の感覚に考えを巡らせて欲しいんです。

でもそういう感覚って一朝一夕じゃ身につかないと思うんですよね。

親の私でもそんな感覚に考え巡らせたことなんてない…。

人気化しそうなスニーカーを原価で買って高値で売るとか、人気化しそうなレゴを原価で買って高値で売るとかそういう考えしか巡らせたことがない。

でも、自分が売る側になったときにはこの商品の値段を決めないといけないですよね。

高過ぎれば売れないし、安過ぎれば自分の利益がなくなる。

そういう物の価値と値段の関係も養えそうなので、慣れてきたら値段設定もぜひやって欲しいところです。

仕入れた原価と調査した販売価格などから自分で売る値段を設定し、その値段に設定した理由を明確に説明できる様だとなお良いと思います。

子供に話を持ちかけたら意外な反応が…

そんな訳で、私は53さんのブログを参考にメルカリやラクマ、ヤフオクへの出品作業を手伝ってもらうことにしました。

とはいえ、私自身が物販などをしている訳でもなく、自宅の不用品になったものを片っ端から売っていたくらいなので親も手探りです。笑

子供に一緒にやろうと話を持ちかけてみました。

出品し売れるまでの流れは大雑把に、

1. 商品の写真を撮る

2. 商品の内容や状態、発送方法などの文章を書く

3. 価格設定

4. 値下げ交渉や商品の状態の問い合わせなどの対応

5. 梱包

6. 発送

7.受け取り後連絡

と7段階に分かれています。

子供がこれをやった作業に応じて、自分で好きに使っていいお金が貰えるよと説明したところ…。

「それって他の子やってるの?そんなことやってないと思う。なんで僕だけ自分で稼がなきゃいけないの?」

という予想外の返答が返ってきました。苦笑

私の答えは

「他の子はあまりやってないと思う。でも自分で稼ぐ力は一生使う力だし絶対必要な力。稼ぐ力がないと欲しいものが買えないどころか食べることも出来なくなる。だから今のうちから色んな稼ぐ方法を経験するのは大事。それとどうしてこの値段なのかを考えて欲しいからなんだけど、少しずつ慣れてきたらまた話すよ。とりあえず、マイクラのレゴブロックたくさん欲しいんでしょ?稼がないと買えないよね?」

と返答しました。

どこまで理解してくれたかはわかりませんが、出品の手伝いをすることに納得してくれた様です。笑

多分ですが、うちの子供はそんなに強い物欲がある訳ではありません。

ニンテンドースイッチも欲しいんだろうし、新しいスマッシュブラザーズも欲しいんだろうなと思うフシがあるのですが、それよりも欲しいのがマイクラのブロックなんだそう。

ニンテンドースイッチを買うお金でマイクラのブロックが10個以上買えるからスイッチはいらないということらしいのですが、本当に誰に似たんだか忍耐力がある子だなぁと我が子ながら思います。

話を元に戻して、ちょっと周りの同級生がどうかはわかりませんが、私は個人的に早いうちから色んな稼ぐ方法を身につけて欲しいと思っています。

周りが毎月お小遣いをもらっている中、自分で色々方法を考えて試行錯誤を繰り返し稼ぐ様にする。

その差は将来大きな糧になるのではないかとぼんやり考えています。(実際に糧になるかは知りません。笑)

それこそ、大学に行きたければ自分で学費稼いでいけ!!となったらいいなと思ってます。(一応、学費は貯めてますけどね。笑)

我が家の報酬形態

そして、子供に説明した我が家の報酬形態はこうです。

いずれも販売代金に対して

写真を撮る 5%

文章を考える 10%

値段設定をする 7%

値下げ交渉や商品状態の問い合わせ対応 5%

梱包 10%

発送 10%

受け取り連絡など 3%

と、高いものが売れた場合には報酬も上がる方式にしました。

上記の作業を全てやると50%も受け取れる計算になります。

ただ、割合を伝えてもまだ理解しにくい部分もあるだろうと思うので、出品の手伝いをするときにこれをやったら5%だから50円だよと最初のうちは明確に金額を伝えています。

また、おもちゃや服など自分の持ち物を売った場合は50%が無条件に受け取れる形にして、自分の物を出品し、取引完了まで全て自分で行った場合は全額自分が売り上げを受け取れる仕組みにしました。

あえて割合にしたのは、回して増やす段階も意識してのことです。

回して増やす段階になったとき、割合が非常に大事になってきます。

100万円を3%増やしても3万円ですが、1000万円なら30万円です。

種が大きければ大きいだけ増える速度も加速しますが、それを理解する上で割合が非常に大事になってきます。

逆に、リボ払いやカードローンだと今度はかなりの速度で自分のお金が減っていくことになります。

この時も借入額に対する利率、つまり割合で計算されます。

ここをぼんやりと少しずつでいいからわかって欲しくてあえて割合にしました。

上手くいくかどうかはわかりませんけどね…。苦笑

手伝わせてみると思いの外上手い

という訳で、早速私の私物の出品を手伝ってもらいました。

今回は写真を撮るだけだったのですが、子供なりに色々考えて撮るものですね。

写真に自分の影が写り込まない様にしたり、商品に部屋の照明が反射しない様にしたり工夫していました。

妹たちがちょっかい出そうものならすごい剣幕で怒ってたり…。笑

正直、私が自分で撮るより綺麗に撮れてるかもしれません。

まだ、商品の説明文を考えるのは難しそうですが、写真を撮ることや梱包などは出来そうです。

売れた時の子供の反応

今回は写真撮影だけでしたが3つの出品を手伝って、早速2つ売れました。

これで息子が手にするお金は5%の160円になります。

売れたことを息子に話すと「いくらで売れたの!?」と非常に喜んでいたのもつかの間、自分が手にするお金が160円だとわかるとその顔には落胆の色が…。苦笑

次はもっとたくさん出品の手伝いをして、もっと稼いでくれるのを願っています。

そして、53さんと同様の考えでそのうち自分から売るものを探してきたりしないかなと期待していますが、子供の様子を見てるとまだまだ道のりは長そうです。苦笑




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする