情報過多の時代の中では「軸」を意識したい

今日は思ったことをそのまま書こうと思います。

現代は情報量がすごく多くて何を信じたらいいかわからなくなっている方もいるかもしれません。

私も自分の専門分野以外のことに関しては何を信じたらいいかわからなくなる時があり、特に正解のないがない事に関しては正解か不正解かということではなく、より良い選択はどちらか?という考え方にしてからだいぶ捉え方が変わってきたように思います。




より良い選択肢を選ぼうとする時「軸」の意識はなくてはならない

今日このブログを書こうと思ったきっかけはtwitterで、某商品が2時間後に麻疹ウイルスの感染力を99%抑制したというツイートを見かけたからです。

当該ツイートはここには貼りませんが、「感染力を99%抑制した。」というセンセーショナルな話題を鵜呑みにして良いのでしょうか?

個人的な感想ですが、感染症などを始めとした医療の話題の中でこうしたセンセーショナルな話題はいつも何か1つ「軸」が欠けた状態のことが多く見受けられます。

今回はどの軸が欠けているかというと「時間」です。

当該ツイートにもありますが、数分で感染してしまう麻疹ウイルスの感染力を2時間後に無くす事にどれだけの人がそのメリットを享受できるでしょうか?

この製品を導入すると麻疹にかからなくなるでしょうか?

麻疹ウイルスの感染力を抑えられたというのは事実でしょうが、時間という軸を加えると自分の生活にどこまで良い結果をもたらしてくれるのか微妙な気がしてきます。

結局、麻疹はワクチンで予防するしか現在は方法がないという結果に落ち着くわけです。

正解か不正解かではなくより「自分にとって」良い選択肢を選ぶ

薬についても同様に「軸」が欠けていることが多いです。

インフルエンザの流行もピークをすぎてきたように思いますが、インフルエンザに感染した場合には全員一律にタミフルやゾフルーザなどの抗インフルエンザ薬が必要でしょうか?

ここでは「年齢」や「基礎疾患」などの軸が欠けていることが多いです。

一般的な健康状態の成人であればインフルエンザは休養していれば治ります。

1日でも早く症状を楽にして仕事に行きたいというのであれば、それが自分にとって良い選択肢になるのでしょうし、1日でも早く楽になりたいと思うのであれば薬を飲むという選択肢は良い選択肢になります。

ただし、その場合には「副作用」というリスクを考慮する軸を意識することを忘れてはいけません。

というように、医療という分野の末端中の末端で働いていますが、何かしらの「軸」が欠けた状態をニュースやら週刊誌やらネットニュースなどから個人の判断に到るまでよく目にします。

「軸」が欠けていると家と同様グラグラ揺れ動き、大金を払ってどれだけ豪華な家を建てたとしても少しの風雨でいとも簡単に崩れてしまいます。

投資においても「軸」が欠けているとより良い選択はできないのではないか?

私は以前から医療と投資は考え方が非常に似ているところがあると思っていて、軸についても非常に似ていると思っています。

薬に関してだとザックリと薬の軸は「効果」「副作用(リスク)」「時間」があります。(細かく言えばもっとあります。)

時間とともに効果が現れる薬もあれば、効果ではなく副作用が出る場合があるというのは想像しやすいかもしれません。

さらにいうと、年齢や病状でもうこの薬の役割も終わりかけているというケースもあります。(個人的感想です。)

投資においても、投資方法などの「効果」と「リスク」、「時間」という軸が必要なのではないでしょうか?

この投資の場合のリスクは損する確率ではなく、正確には不確実性ですね。

ただ、自分が買った株価から下落する確率と上昇する確率とを様々な方法で天秤にかけて判断し投資をしていく。

そういう方法の場合には「時間」という軸も大事になってきます。

また、株式と債券の比率として「100ー年齢」というのが有名ですが、ここでも「年齢」という時間軸が出てきます。

さらに、定年後に有り余るほどのお金持ちになっても…という話や若い時の経験と高齢になってからの経験の話も「時間」という軸で考えた場合です。

まとめ

情報量が非常に多いので混乱したり、惑わされたりすることもあるでしょう。

私の経験からだけなので説得力がないのが残念ですが(笑)、私はそういう時はもう1つか2つかそれ以上の判断の軸を入れるように心がけています。

今回取り上げた麻疹ウイルスでは追加した軸は「時間」でした。

投資も医療も絶対にこれが正解!という答えはなかなかないのかもしれません。

しかし、現在ある情報から判断してより良い選択肢を取ることはできるのではないかと日々感じています。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする