1年間付け続けた家計簿の総括と我が家の貸借対照表

3月の家計簿の時にもお知らせした通り、今回は1年間続けてみた家計簿の総括を行いたいと思います。

習慣になるとあっという間ですし、最近は便利なアプリもあるので管理はしやすくなっているのではないでしょうか?

我が家は「MoneyFoward」を利用しており、普段の買い物ではクレジットカードを利用すると自動でまとめてくれるので非常に重宝しています。




今回あまり触れない項目

というわけで、飽きっぽい私が1年間取り組んだ家計簿についてまとめていこうと思います。

グラフばかりになってもな…。と思い、年間を通して動きがあまりなかった項目や季節により変動する項目についてはあまり触れません。

年間を通して動きがあまりなかった項目は、食費と住居費、教育・教養費です。

この3つは年間を通じてほとんど動きがなくグラフにしても真っ平らなので飛ばします。笑

また、水道光熱費、家事・日用品、被服費についても季節による変動もありますし、家族全員もともと服や見た目にお金をかけないタチなので飛ばします。笑

さらに、その他支出もイベントごとでの支出ばかりで節約しようと思ってできることではないので(節約してるから結婚式参加できません。なんて言えませんし、そこまでしてお金貯めたくないですよね…。)飛ばします。笑

今回触れるのは保健医療と交通・通信費のみ

というわけで、今回は保健医療と交通・通信費のみに触れたいと思います。

そうです。私が1年間削減に取り組んだ項目だけに触れるというかなり恣意的な記事になります!笑

家計簿から抜粋してグラフにすると一目瞭然です。

ちなみにグラフの一番左と一番左から2番目は国の調査結果の平均値になります。

こうして見比べてみると、家計簿を付け始めた当初は、通信費は平均よりも少し低いですが、保健医療については平均よりも多く支払っている月ばかりだったのがよくわかります。

保健医療の見直し効果は絶大

まず、昨年9月に生命保険の見直しに取り組んだ結果、平均の半分くらいまで減ります。

この効果は本当に絶大で、毎月お金がない…。と悩んでいたのが嘘のようになくなります。

無理な食費の削減や光熱費の削減をしてギスギスしていたのが馬鹿らしくなります。

私の場合は、生命保険の見直しで月1万円の削減に成功したので年間12万円の効果になります。

2019年2月に保健医療が大きくなっているのは自動車保険の年払いをしたためです。

通信費の削減効果も絶大

通信費に関しては2019年1月から激変しました。

楽天モバイルに乗り換えたのですが、こちらの効果も絶大で楽天の期間限定ポイントでも支払うことができるので家計簿には含めていません。

なので通信費は自宅の光回線のみが含まれていますが、楽天モバイル分を含めても夫婦二人で3,000円もしないので通信費は1万円を下回ります。

ちなみに、国の調査の平均は4万円近くなので3万円ほどの開きがあります。

交通費で1万円追加しても2万円の開きです。

年間20万円以上の節約効果というわけなので、通信速度遅いな…。というときももちろんありますが、個人的には満足しています。

だって年間20万円ですよ!?

稼ごうと思ったらなかなか大変です。

家計簿を付け続けて見えてくるもの

というわけで、1年間家計簿を付けてきましたがその間我が家は年間で32万円の削減ができる家計に大変身しました。

家計簿をつけるということの個人的なメリットは、自分が何にいくら使っているのかの把握と今後の対策を検討できること。

そして何より検討して実行した方法がどれほどの効果をもたらしたのかを確認できるところです。

つまり、ただ家計簿をつけるだけで満足するのは非常に勿体無いと思います。

せっかく付けた家計簿は分析し、分析結果から行動し、振り返ることでどんどん強い家計になっていくのではないかと考えています。

我が家の貸借対照表

前回9月に行って以来12月に再度計算してみると言って有言不実行でしたので、3月時点でやってみました。

純資産比率は−14.48%まで回復し、かなり改善したと思います。

自分の資産が大きくなっていくことと、住宅ローンの支払いが進むことでプラスになっていくと思いますが、この半年て急速に資産が増えていることもあり総資産額のマイナスは約半分減ったことになります。

しかし、実際にこの我が家の貸借対照表を見てここに投資しようとは絶対に思わないのでまだまだ改善が必要です。

しかし、9月といえばちょうど生命保険の見直し効果が出てきた頃。

貸借対照表でも節約効果を見る事が出来て非常に面白いです。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする