Tポイントで株が買えるSBIネオモバイル証券とは?

以前にも話題になったTポイントで株が買える証券会社。SBIネオモバイル証券の口座開設が可能になりました。

しかも100株単位が多い国内株式ではそれなりにまとまったお金がないとなかなか個別株式を購入することができず、未単元株(1株単位での購入が可能)を取り扱っている証券会社もSBI証券のS株やワンタップバイの他9社ほど取り扱いがありますがそこまで多くありません。(まあ、10社ほどあれば個人投資家には十分な選択肢があると思いますが…。)

加えて、先行している楽天ポイントやdポイントなどのポイントで投資をすることができるサービスもありますが、個別銘柄の取引にもポイントを利用できるというのは新しいサービスで個人的に期待しているところです。




未単元での取引は資産が小さい時には魅力的に映る

投資に回すことができるお金が少額の場合、未単元で取引できるところは非常に魅力的に映ります。(個人的な経験談です。苦笑)

本来であれば10万円〜20万円ないと購入できない国内の個別銘柄を1,000円単位で購入できますし、積み立てていけば100株に到達し、株主優待を受けることも可能です。

例えば、高配当で株主優待も人気の「オリックス」。

現在の株価を1,600円とすると、最低16万円が必要でしたが未単元株だと毎月16,000で10株ずつ購入していくと10ヶ月で100株になり翌年の株主優待は受け取ることができるようになります。(未単元株でも配当金は受け取ることができます。)

過去の私も(と言ってもたかが2年ほど前でしかないけど)未単元株は素晴らしいものだと考え当時株価が3,500円ほどだったアサヒグループホールディングスなどを購入した経験があります。

株価が3,500円だと100株で350,000円です。

当時の私には1つの銘柄に35万円もつぎ込む資金力はなく、未単元株が非常に魅力的に映りました。

SBIネオモバイルの特徴

SBIネオモバイルは1株から売買することができ、取引額も500円から可能です。

これは私のような超弱小で投資に回せるお金があまりない方にはかなりの朗報に思えます。

年間での取引額が50万円以下であれば月額200円の手数料で売買ごとの手数料がかからない点も特徴的ですね。

年間50万円なので月40,000円ちょっとの取引までは200円です。

出典:SBIネオモバイルHP

50万円を超えた後は上記の表のように手数料が高くなっていきます。

また、SBIネオモバイルで上記の手数料を支払った月は、SBIネオモバイル内でしか利用できないという制約付きですがTポイントが200ポイント受け取れます。

また、この200ポイントはSBIネオモバイルに支払う手数料の支払いにも利用はできません。

ただ、この200ポイントの付与はいつまでもらえるんでしょうね?

何れにせよ、500円から個別銘柄の取引が可能になるサービスで個人的にはこういったサービスは非常に期待しているものです。

しかし、注意点も多々あります。

ネックになるのが売買手数料

SBI証券の場合

1つネックになるのが売買手数料です。

例えばSBI証券の場合、オリックスを100株購入する際の手数料は105円ほどです。

アサヒグループホールディングスは現在の株価(4,700円ほど)で250円ほどの手数料になります。

一方、未単元株を購入する場合SBI証券だと約定代金の0.5%もしくは最低手数料50円となります。(税抜)

1,600円で10株約定したとすると手数料は80円となり、100株になるまでに800円もの手数料を支払うことになります。(税抜)

アサヒグループホールディングス4,700円を10株約定すると235円です。

10ヶ月で2,350円。

100株購入する時のなんと約8倍もの手数料を支払うわけです。

SBIネオモバイル証券の場合

SBIネオモバイル証券の場合だとどうでしょうか?

約定代金に関わらず毎月200円の手数料なので10ヵ月で2,000円の手数料です。

アサヒグループホールディングスを購入したとするとSBI証券で未単元株を購入した場合より割安になりますが、オリックスだと割高になってしまいます。

キャンペーン中のポイント200ポイントを考えると実質手数料はほぼ無料なのでSBI証券などで未単元株を購入するよりはいいかもしれません。

また、この手数料は例え1ヶ月の間に売買取引をしなくても支払うことになります。

ただし、「一時停止」の手続きを行うことで手数料の支払いはストップするようです。

その場合の株主優待や配当金はどうなるんでしょうね?

とにかく、今後しばらく欲しい銘柄ないから取引しない!という時には一時停止の手続きが必要になることは覚えておきたいところです。

ワンタップバイとの比較

もう1つ1株からの売買が可能なのが「ワンタップバイ」です。

ワンタップバイの特徴は1株からの売買も可能ですし、日本国内のみならずアメリカやIPOの取り扱いもあるところが特徴です。(IPOは結局ソフトバンクしかなかったけど…。)

ワンタップバイの手数料は定額プランと都度プランが用意されており、定額プランは月額900円(税抜)、都度プランは株価の0.5%という設定になっています。

つまり、年間50万円までの取引額であればSBIネオモバイルの方が圧倒的にお得になります。

50万円を超える取引をする場合はほとんど同じくらいの手数料設定です。

アメリカの株式が購入できるという特徴はあるものの、ワンタップバイもうかうかしてられなそうだと思うのですがどうなんでしょうか?

んで、おまえは使うの?

と超ざっくりとSBIネオモバイル証券について書いてきましたが、私は利用するのか?という点ですが…。

私は現状使いません!!

まず、Tポイントほとんどないんですよね…。

ここが大きな理由の1つです。

もう一つの大きな理由は、やっぱ手数料たけ〜。です。

SBI証券の未単元株やワンタップバイとも比較しましたが、未単元での取引で比べた時にはSBIネオモバイルの手数料設定も頑張ってるなと思えます。

しかし、100株単位での取引と比べた時にはその差は歴然です。

約8倍の手数料を払う計算にもなります。

ただ、SBIネオモバイルのキャンペーン中に申し込み、毎月200ポイントを受け取りながら少しずつオリックスなど最低単元の100株だけ保有し続けるという方法はいいかもしれません。

実質手数料は無料なわけですし、100株に到達したら一時停止の手続きをすればその後は配当金と株主優待を受け続けることができます。

利用の仕方は人それぞれ色々あるかとは思います。

しかし、特に初心者の方は手数料など十分理解した上で利用する必要があるでしょう。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする