家計の格付けはこの半年で適格債へ

以前から1年ごとに家計格付けというのを行なっています。

真偽のほどは定かではありませんが単純に面白いので最低でも1年に1回は振り返りも含めて計算してみています。

 

↓去年の格付け結果

3月の家計簿も終わり、1年間家計簿を付けたまとめも終わりました。 1年の締めくくりとして家計の格付けがどう変化したかを見て締めくくりた...

2019年も半分があっという間に過ぎ毎日暑い8月に突入したので6月の状態を元に家計の格付けを再計算してみました。

計算方法はこちらを参照しています。

https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK1904B_Z10C14A3000000/

 

今年3月の格付けはBa2でした。

はい。家計不適格です…。苦笑

 

2019年6月の家計格付け

2019年6月はどうだったかというと貯蓄率が50%を超えたことで貯蓄パワーが大幅にアップしています。

最高得点の20点を取れたのは非常に嬉しいですね。

そしてなんとなんとBaa3という格付けになり適格家計となります!!

これは以前から取り組んでいる固定費の削減とわずかながら副業収入が入ってきていることが大きく貢献しています。

ただ、史上最高に貯蓄率が高かった時なのでズルしていると言えばズルしてます。笑

ただ、現在の我が家の状態だと貯蓄率を50%以上にすればやっと適格債になるということですね。

 

家計の安全度とスケールパワーも若干改善

家計の安全度はローンの残高と資産の割合なので今後住宅ローンの借り換えをして順調に返済できれば大きく改善するでしょうか。

 

コストダウン努力

コストダウン努力はまだ改善の余地がありそうですね。

若干改善していますがもう少し改善させていきたいところです。

もうあと1万円くらい削減することを目標にしようと考えています。

 

来年の3月には危なげなく適格債になってるといいな…。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする