業務用スーパーのアイスを試してみた件

どうも超流されやすい男のパパファーです。笑

今回はFROGGYで連載されているかぶ1000さんの漫画の影響で業務スーパーのアイスを購入してその効果を検証した結果をまとめていきたいと思います。

当該記事はこちら↓

https://froggy.smbcnikko.co.jp/18744/

 

しかし、かぶ1000さんのツイキャスを聞くと本当にこういうキャラなのかもしれないと思えてしまうあたりがすごい…。見た目はどうなのかわかりませんが…。笑

 

アイスの節約術?

今年の夏は本当に暑かったですよね…。

雪国のはずの新潟でも連日猛暑でテレビなど報道されご存知の方もいると思います。今年の夏は本当に暑かった…。

暑いとやはり食べたくなるのが「アイス」ですね。

新潟の夏は夜は例年、比較的寝苦しさもなく熱帯夜ということはあまりなかったという記憶なのですが今年は暑くて仕方なく、お風呂上がりのアイスが欠かせませんでした。

アイスを買わないことが一番の節約と言われるかもしれませんが、私としては出来るだけ家族の満足度を下げないで節約したい。

毎日毎日アイスをせがまれては満足度は下がります。

ただでさえ我が家ではあまりお菓子はあげてません。

習い事を頑張ったからとか理由がなければお菓子はあげておらず、基本おやつはおにぎりや冷凍フライドポテトをノンフライヤーで揚げたものです。笑

 

そんな子供達にとってお風呂上がりの少しのアイスは非常に大切なもので満足度が急上昇する物です。

なので6本で300円とか複数本入ったアイスを買うことで多少の節約を意識していたのですがそれでも1週間に2箱くらい買わないと足りません。何と言っても子供が3人もいますから6本入りなら2日でなくなる計算です。

つまり週600円。1ヶ月で2,400円以上の出費になっていたと考えられます。(一応家計簿はつけていますが細かい品目までつけていないのでいくらかかっていたかは概算です。)

 

かぶ1000さんの影響で業務スーパーのアイスを購入

もともと定価でハーゲンダッツなど高価なアイスは購入していませんでしたが、業務スーパーは幸い近所にありますし、我が家の家計はすでに固定費は削りきっているし、お金に無頓着ではいたくないという理由から上記のFROGGYの漫画で紹介されていた通り業務スーパーのアイスを購入して試してみました。

購入したのはバニラアイスとチョコアイスが半分ずつ入ったアイスで600円ほどで8月26日の土曜日に購入。

その日から子供達は喜んで食べています。

また味が2種類というのも子供達の満足度を上げています。

今日はバニラだけ!とか今日はミックス!!とか意外なほどに楽しんでいます。笑

効果はどうかというと約2週間で完食。

つまり、1ヶ月で1,200円という計算になり1,200円の節約に成功したことになります。約半額になる計算です。

 

業務スーパーのアイスの注意点

これはフォローさせていただいているグミさんに教えてもらったことですが、1回に食べるアイスの量は自分のさじ加減ですから気づかぬうちに1回の量が多くなり節約にならないという事態ももちろん考えられます。

また無意識に食べる量が増えるのでダイエットにも大敵です。

なので我が家ではアイスを食べるお皿を統一。

アイスを盛るのは毎日私が行い、だいたい一定のアイスの量になるように調節しています。

また、もう1つは洗い物が増えるということです。

これは逆にゴミが減るという側面もあるので一概に言えないところでもあるのですが、毎回お皿に盛ってスプーンで食べるので食べた人数分のお皿とスプーンを洗わなければなりません。

それでも我が家は食洗機に入れてしまえば済むので負担は大きくないですが手で洗うとなるとそれなりに負担に感じる方もいるかもしれません。

ただゴミは少し減りますね。

 

私が尊敬する投資家さんはお金にすごく敏感

今回はかぶ1000さんの記事がすぐに真似できそうだったので真似してみましたが、私が尊敬する投資家さんはお金に対してすごく敏感です。

単なる「ケチ」ではなくお金の使い方がすごく合理的で消費に対してすごく計画性が高い印象を抱いています。

私も最初は子供達の学費、老後の生活、投資との出会いなどから節約を心がけるようになりましたが、すごい投資家さん達は節約もそうなんですが世間一般の節約のイメージというより費用対効果を意識しているように思います。

単純に安いものを買うというより値段と価値の差を上手く利用しているといった感じ。(最新のFROGGYでもおっしゃっていることですね。)

我が家の場合、とにかくお風呂上がりにアイスを食べたい!という要望に答えるにはどうするのが最も費用対効果が高いのか?を意識したいと思い、だったらこの業務スーパーのアイスが費用対効果が高そうだと判断して試してみました。

結果、業務スーパーは近くにあるし、今までより月1,000円ほど節約になります。

また、2週間に1度買いに行けば事足りますので買い物の回数も抑えることができます。

また、子供達の満足度も非常に高いということからこの方法を継続していこうと思っています。

なので業務スーパーが近所になく、安くて沢山入ったアイスが近所のスーパーにも売ってないとなった場合の費用対効果は全然違ってくると思いますし、やっぱりアイスはこれじゃなきゃ!というのがあるのであればそのアイスをいかに安く労力をかけずに手に入れるかを考えた方がいいかもしれません。

そして、我が家も味に飽きた時のために違う方法を検討しておく必要がありますが、コーヒーを少し入れたりバニラアイスのちょっとしたアレンジが大流行しており一向に飽きる気配もないのでしばらくこのままでいいかな。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする