楽天Pashaの攻略法

今年10月から楽天のSPUの改変が行われました。

楽天トラベル、楽天ビューティー、楽天ブランドアベニューの条件とポイント倍率が変更になり楽天Pashaが加わりました。

今回はその変更内容と新しく加わった楽天Pashaの攻略方法について考えていきたいと思います。

 

楽天トラベル

楽天トラベルのポイント倍率は1倍のままですが、税込5,000円以上予約という条件が追加されました。

また予約した月の2ヶ月後末日までの利用が条件です。

楽天トラベルによるSPU分のポイントは旅行に行った月の翌月15日です。

この5,000円以上という条件ですが1予約で5,000円以上ですので2つの予約を合わせて5,000円以上であっても対象外となってしまいます。

例えば、2,000円の予約と3,000円の予約を合わせるということはできません。

安いホテルを予約してもSPU分のポイントがもらえていたのでこの改悪は痛いですね…。

 

楽天ビューティー

楽天ビューティーも3,000円以上のネット予約という金額の下限が変更になりました。

ポイントは1倍です。

楽天ビューティーは予約操作日から30日以内の利用でポイント付与です。

また、ポイントで全額を支払った場合は適応になりますがクーポンを利用して3,000円未満だった場合は対象外となってしまうので注意が必要です。

 

楽天ブランドアベニュー 

最後の変更点として楽天ブランドアベニューです。

名前からして変更になり楽天ファッションとなりました。

こちらは金額の下限は設定されませんでしたがポイントが1倍から0.5倍へと改悪されました。

この改悪が個人的には一番痛いですね…。

子供の服や靴はすぐ小さくなるのでブランドアベニューを利用することもあったのですが今後は方法を考える必要が出てくると思います。

 

付与される上限ポイント

上記3つのSPUで付与されるポイント上限は、

  • ダイヤモンド会員 15,000ポイント
  • プラチナ会員 12,000ポイント
  • ゴールド会員 9,000ポイント
  • シルバー会員 7,000ポイント
  • その他会員が5,000ポイント

となっています。

3つとも上限ポイントは同じです。

 

楽天Pashaの攻略法

では、いよいよ最後に新しくSPUに加わった楽天Pashaの攻略法です。(攻略法というにはおこがましい方法ではありますが…。)

 

楽天Pashaとは

まず攻略法の前に楽天Pashaとは…

画像のように専用サイトでトクダネというのが出ているので購入したい商品を選んでmyトクダネにし、実店舗でその商品を購入し、レシートを写真に撮って送信することで楽天の期間限定ポイントを受け取れるサイトです。

楽天Pasha以外にもこういったサービスは結構ありますよね。

レシートの画像を送るとポイントをもらえるやつ。

 

SPUの楽天Pashaの条件

この受け取ったポイントが100ポイント以上になったらSPUで0.5倍のポイントを受け取ることができるという条件になっています。

 

現在の楽天Pashaを見てみると最も安い金額で一発でSPUの条件を満たせるのがRIZINでした。

RIZINを購入してレシートを送信することで楽天の期間限定ポイントが150ポイント受け取れるので一発で条件達成です。

 

楽天Pashaは費用対効果が低い可能性がある

RIZINはコンビニで購入すると200円ほどです。

150ポイント還元されるとはいえ50円支払って0.5倍のポイントが付与されるので楽天市場で月に50,000円購入したとしても250ポイントです。

差額は楽天市場で50,000円分購入しても200ポイントですので楽天Pashaのために走り回って商品を探すという行為は本末転倒になる可能性が高いです。

商品を探す時間や移動のための費用などを考慮すると割りに合わないことが多いと思うので実店舗で買うものが楽天Pashaのトクダネにない場合は素直に諦める方が良さそうです。

 

楽天Pashaの攻略法

しかし毎月可能ではないですが攻略法はあります。

今回はRIZINで攻略が可能です。

RIZINはファミリーマートで206円でした。

RIZINの楽天Pashaでの還元は150ポイント(期間限定ポイント)です。

加えてキャッシュレスの還元で204円になりますので差額は54円です。

さらにファミリーマートのキャンペーンでRIZIN1本購入でTポイントガ51ポイントつきます。

つまり実質3円でRIZINを購入することができ、SPUで0.5倍のポイントがつきます。

50,000円分購入すれば250ポイント加算されます。

これなら取らない手はないですね。

来月以降の楽天Pashaでこういったトクダネが出てくる可能性は高くはないでしょうが狙える時には積極的に狙っていきたい案件です。

 

しっかりと費用対効果を考えて行動する

というわけで楽天Pashaの攻略法を考えてみましたがいかがだったでしょうか?

楽天もどんどん制度が変わりますし、先日はd払いのキャンペーンはdカードに紐づけてないと適応されないという改悪もありました。

生活環境や価値観は人それぞれなので私がお得と思う方法が全ての方にとってお得かはわかりません。

しかし、その方法の費用対効果を考えその時その時で最も良い方法を取捨選択するのはみなさん共通だと思います。

今回の楽天SPUの改変も自分だったらどう攻略するか、はたまた攻略しないで他の方法を使うのか。

どちらが良いのか費用対効果を考えて選択するのが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする