オムニ7のキャンペーンがお得すぎたので我が家の攻略法を公開

オムニ7が新年早々50%還元という特大のキャンペーンを実施しています。

還元されるのはnanacoギフトomni7ポイントなので利用場所は限られますが50%還元ですので節約には貢献してくれます。

 

オムニ7のキャンペーンの概要

オムニ7の50%キャンペーンですがスマートフォンが必須のキャンペーンとなっています。

スマートフォンからキャンペーンページにアクセスし応募する必要がありますので買い回る前に忘れずに手続きしてください。

 

あ、そうそう。

「メールマガジン/各種お知らせ」を1ストア以上受け取る設定にした方が対象なので忘れずに設定するようにしてください。

 

出典:オムニ7HP

 

キャンペーンページの真ん中くらいに上記のような注釈が入ってますのでこちらもお忘れなく。

 

応募したら下記の対象店舗5ストアで合計2,000円以上購入するとnanacoギフトomni7ポイントが50%還元されるというキャンペーンです。

出典:オムニ7HP

 

合計2,000円でいいので金額的な条件は達成は簡単ですね。

ちなみに上限は15000ポイントなので30,000円分までの購入が上限になります。

 

また、付与されるポイントは3月16日から18日の間にショートメッセージで来て受け取り、利用期限は4月30日までとなります。

還元されるポイントが利用しにくい点と利用期限が短い点に注意が必要です。

いくら高還元でも使えなければ意味ないですからね…。

 

我が家の攻略法

と、キャンペーンのやり方などは他のブログとかも合わせて読んでいただくとして(笑)我が家の攻略法です。

 

対象ストアを見ていただくとわかるのですが「さとふる」が対象内です。

なのでふるさと納税を1.5万円分行いました。
1万円分が鹿児島県産豚ロース肉しゃぶしゃぶ用が1.5kg、5,000円分が野菜ですので結構満足です。

 

次に我が家ではイトーヨーカドーネット通販で私が愛飲している発泡酒をケース購入しました。

これが1万円分です。

注意点は送料が330円ほどかかってしまうところです。

それでも還元されるポイントに比べれば微々たるものということで今回は目をつぶっています。

 

あとはストア消費と自宅の消耗品との相談です。

我が家ではセブンイレブンのセブンミールでゆで卵1個75円を店舗受け取りにして送料は無料です。

これで3ストア目確保。

 

次にセブンネットショッピングで私と子供が欲しい本や漫画を購入。

ワンピースと進撃の巨人の最新巻を購入しています。(笑)

こちらも店舗受け取りにして送料無料。

これで4ストア目確保。

 

最後にアカチャンホンポで子供のオムツを買って終了です。

ただアカチャンホンポも送料が330円かかりますがこちらも還元されるポイントに比べれば微々たるものということで目をつぶっています。

 

というわけで我が家では合計29,000円ほど購入しました。

単純計算で14,500ポイントが3月中頃に受け取れるということになります。

そしてもう消費先も決まってます。

イトーヨーカドーネット通販で食料品・飲料などを爆買いすると思います。(笑)

 

もっといい攻略法がある

我が家の場合は上記のようになりましたが、ふるさと納税の金額をもっと大きくしてもいいかもしれません。

また、実店舗が近くにある方はもっといい攻略法も可能です。

というのも、我が家は近隣にアカチャンホンポがなく、イトーヨーカドーもちょっと不便なところに位置しているため店舗受け取りが難しかったんです。

下記のようにオムニ7ではそこまで送料が高いわけではありませんが、実店舗で受け取ることで送料の節約が容易になります。

 

ただ、実店舗での受け取り金額の下限が設定されていることが多いので注意です。

なのでイトーヨーカドーやアカチャンホンポで安い商品を買ってあえて送料は払い、その分ふるさと納税に振り向けるという方法も良いと思います。

 

私は15,000円分寄付したので7500ポイント還元が受けられる計算になりますから今年はどうやっても自己負担なしで返礼品を受け取れることになります。(というか自己負担以上にポイントを受け取る計算になります。)

寄付額が大きくなればその分ポイント還元も大きくなりお得度が増します。

 

なので各店舗で数百円の商品を購入し送料330円を支払ってその分ふるさと納税に全力で挑むという方法でもかなりお得になると思います。

 

といった感じでなかなか難しいキャンペーンではありますが、自宅の必需品などで考えてみてはいかがでしょうか?

あ、そして出口戦略(ポイントの使い道)を用意しておくのもお忘れなく。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする