積み立てるのはいいけど積立頻度でパフォーマンスの差はあるの?

前回記事でVTIを2〜3ヶ月に1回買い付けて積み立てていくというプランを立てたのはいいのですが、投資信託などを積み立てていくときに一般的なのが毎月積み立てるや毎日積み立てるという方法ですね。




できればSBI証券の海外ETF積立のシステムを利用したかったのですが手数料などの関係で2〜3ヶ月間隔にすることにしたのですが、毎日や毎月積立と比べてパフォーマンスに差はないんでしょうか?という疑問がフツフツと上がってきました。

積立頻度で差が出そうなイメージがある

単純に考えると毎日や毎月積立よりパフォーマンスが下がりそうです。

例えばリーマンショックなどの暴落時に一番安いときに買える可能性が高いのって毎日積立の場合ですよね。

安く買えればその分評価価格が下がるわけですからパフォーマンスも上がりそうと思えます。

積立頻度で差があるかを検討した記事

と思ったのですが、NIKKEI STYLEの記事で積立投資での積立頻度でリターンに差がなかったと紹介されています。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO17172260R00C17A6000000

これはビックリですね。

日経平均と米ドルのパフォーマンスがまとめられていますが、日経平均も米ドルも毎日が最もパフォーマンスが良さそうではありますが2ヶ月ごと、3ヶ月ごとの積立と比べて10年間で1〜2%の差、20年間だと1%未満の差となっています。

さらに半年に一回でもそんなに大きな差ではなさそうです。

さすがに1年に1回の積立だと差が開いてきそうですね。

自分でもシュミレーション

積み立てるのは現在VTIの予定ですが、今はVYMのデータのまとめしかないので今回はVYMのデータから毎月積立と2ヶ月毎の積立の比較、毎月積立と3ヶ月毎の積立を10年した場合を比較をしてみました。

まずは毎月積立 vs 2ヶ月毎の積立

 毎月500ドル積立2ヶ月に1度1000ドル積立
10年後の評価価格(ドル)100842.85100801.25

単位は米ドルです。

そして毎月積立 vs 3ヶ月毎の積立(参考のために2ヶ月毎の積立も併記)

 毎月333ドル積立2ヶ月に1回666ドル積立3ヶ月に1回999ドル積立
10年後の評価価格(ドル)67161.3467133.6367076.30

配当金も込みで計算してみましたがこうしてみると驚くほど差がないですね…。

どちらも1%未満の差です。

さらに半年に1回でもやってみましょう。

 毎月166ドル2ヶ月毎に332ドル3ヶ月毎に490ドル半年毎に996ドル
10年後の評価価格(ドル)33479.8233466.0133437.4333629.10

半年毎でも変わりません。

むしろ毎月積立よりパフォーマンスがいいって本当か?(笑)

積立頻度より大事なこと

今回のシュミレーションだけではわかりませんし、過去の検討なのでこれから未来に向けての確証はどこにもないわけですが、NIKKEI STYLEのように20年だとさらに差がなくなるとしたら積立頻度の差はほぼ気にならない程度と言えるかもしれません。

重要なことは一度決めたら「10年20年同じスパンで積み立てる」ということでしょうかね。

もちろん手数料も上記のシュミレーションの金額を積み立てるなら2ヶ月毎や3ヶ月毎の方がかからないですし、半年に1回だともっとかかりません。

まとめと今後の方針

今回は大体1回の投資金額が10万円くらいになるように計算しました。

半年に1回だとすごく忘れそうですが、投資金額に応じたキャッシュも確保しないと私は暴落時にビビって売ってしまう性格なのはわかっているつもりです。

まだ、時間もあるのでVTIを積み立てる金額をもう少し考えてみようと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする