何に投資したらわからないときは…

色んなところから色んな話が出てきて難しい相場が続いています。

去年から今年の頭までが逆に分かりやすすぎたということもあるでしょうが、順調に回復してきたと思ったらイタリアの問題で売られるなど世界情勢は不安定です。




ボラが高くて頭混乱

米朝首脳会談の行方、イタリア、スペインそしてEUの問題、新興国の問題などなど挙げればキリがない世界情勢の中でボラティリティーが高い相場が続き頭が混乱している方もいると思います。

というかそれ私です。(泣)

投資経験も浅くなかなか勉強する時間も取れず右往左往している方もいると思います。

特にアベノミクスの影響や日本企業の好業績を背景に株価は上昇を続けその途中から投資を始めた私のような人には辛い日々が続いているかもしれません。

特に去年はほぼ何を買っても株価は上昇し「自分って株の才能あるんじゃね??」と思わせる相場が続いていたことも要因の1つかもしれませんね。(←これは私のことです。泣)

急に現在のようなボラティリティーが高い相場が来たものだからそりゃパニックです。

個人投資家のメリット

しかし、私たち個人投資家は常に株式を購入して保有して売却してをする必要はありません。

よくわからない相場ならキャッシュポジションを高め、わかりやすい相場が来るまでじっと待つという選択肢も取れるのがいいところです。

そして、自分が購入した株式も自分が描いたシナリオが棄損されておらず今は世界情勢などによって下落していると判断するのであれば保有を続けるという選択も自由です。

キャッシュポジションが多いと増えない?

キャッシュ持ってるだけじゃ増えないから…。とか考える必要はありません。

増やす方法はあるからです。

はい。ここで昨日の記事に誘導ですよ。(笑)

各社様々なキャンペーンを行っています。

昨日の記事に書いた方法がその典型で、楽天バリアブルカードをキャンペーン中に購入する。

楽天デビットカードをキャンペーン中に使用することでキャッシュまたはキャッシュ相当を増やすことができます。

夫婦で両方利用すれば年間132万円が12万円以上増えて1,448,400円になります。

残念ながら株や投資信託と違って複利を働かせることはできませんし、少額ではありますが増やす方法はありますし、副業や他の不労働収入を考えるのもいいと思います。

相場が不安定でも自分の道を

資産が大きくなればまた話は変わるかもしれませんが、これから資産を形成する私のような場合は、相場が不安定でよく分からない場合には愚直にコツコツ積み立てを続けるか、キャッシュを多めに取り、こういったキャンペーンを利用し少しずつ増やし自分のタイミングで投資するという選択肢があることはどちらを(どっちも)利用するしないに関わらず覚えていていいことだと思います。

理想はコツコツ積み立てながらキャンペーンなどを利用し両方で増やしていくことでしょう。

私はもともと債券への投資はしない方針でしたが、BNDやAGGの配当利回りが魅力的な水準になってきたこともあり投資を検討していました。

しかし、利回りで見ればBNDなどに投資するよりキャンペーンフルで利用する方が利回りいいんですよね。直近の利回りだけ見ればの話ですが…。

なので今は見送って先にキャンペーンを使ってうまく回すように家計を調整中です。

債券への投資は調整が終わったら改めて考えようと思っています。

各種キャンペーンに改悪はつきもの

上でも触れましたが、あくまでキャンペーンなのでいつまで続くかわかりません。

また、相場に身を置いていないと経験できないこと勉強できないことは沢山あります。

キャンペーンはあくまでもつなぎの方法と考え、軸足は投資に置いて地道に続けていくことが大事だと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする