5月末時点の積立NISA運用状況

あっという間に6月ですね。

もう1年の半分が終わろうとしています。




今月からEXEiつみたてが新たに仲間入りですが運用状況はどうだったでしょうか?

5月末時点でははっきりと結果が分かれているのがよくわかります。

新興国の弱さが目立つ

まず新興国の弱さが目立つ展開になってますね。

別の証券会社でも数年積み立てている新興国のインデックスファンドがあるのですが一時プラス25%まで上がったのがあっという間に16%まで減っているので弱さが顕著ですね。

やはり米国が強いがその他の先進国が足引っ張ってる?

逆に米国が強く楽天VTIの強さが目立ちます。

なんだかんだと強いですね。

一方でその他の先進国の弱さも目立つため、楽天VTと先進国との間のパフォーマンスの差が目立っています。

eMAXIS Slimのアメリカの割合は65%ほど。

たわらノーロードのアメリカの割合は62%ほどです。

先進国はEU圏に引っ張られている展開かな。

政治不安に加えてアメリカからの輸入制限など軟調な展開が続いています。

今後の方針も変わらず積立放置

総合すると若干のプラス圏ではありますが、明日はマイナスに転じるかなと思います。(苦笑)

しかし、積立NISAはもともとほったらかしでの運用と決めているので毎日各ファンド100円ずつ積み上げていくだけです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする