SBIソーシャルレンディングに興味を持ち始めた矢先の出来事

インデックスファンドやETFにコツコツ投資をしたり、不動産を購入し家賃収入を得たり、野立て太陽光を購入し売電したり…。

周りを見渡せばお金を運用する方法、稼ぐ方法はたくさんあります。

正直いくら時間があっても足りないほど調べたいことがありすぎて困っているのですが、今回はその中の1つである「ソーシャルレンディング」に関して衝撃的な出来事が続いているので考えてみました。




SBIソーシャルレンディングからの発表

個人的に最も衝撃的だったのが信頼が厚いとされていたSBIソーシャルレンディングで一部の借り手からの利息支払いがないという会社側の発表です。

SBISL不動産バイヤーズローンファンドの16号〜22号について一部で利息支払いがなかったという内容になっています。

そこでSBIソーシャルレンディング側は、

貸付債権の一括回収をはかるべく、担保不動産の競売手続等を進めることを検討しております。担保不動産はすべて東京都内に所在しており、弊社が第一順位の抵当権を設定しております。どの程度回収ができるかは担保不動産の価値等によることになりますが、回収に向けて鋭意努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

出典:SBIソーシャルレンディングHP

と発表しています。

つまり、担保の不動産売っぱらって貸した金返してもらうからな!!ってことであってます?

また、SBIソーシャルレンディングのSBISL不動産バイヤーズローンファンドでは担保余力評価総額の80%を上限とした融資にしていて、16号では73.68%、17号では74.71%、18号では70.48%、19号では75.85%、20号では79.79%、21号では65.55%、22号では73%と多少の安全域とも取れる余裕を持っています。

なので、今回SBI側が担保不動産を何かしらの形で売却し、70%前後の回収ができれば少なくとも元本は返ってくるかもしれないということになるんじゃないかと思い、続報を待っているところです。

ソーシャルレンディングは魅力的だが…

ここからは個人的な感想でざっくりとしか調べていない状態ではありますが、ソーシャルレンディングやクラウドファウンディングなどのシステム自体は非常に魅力的で最近の一連の出来事で変な方向に進むのは非常にもったいなく思っています。

制度設計が進み魅力を最大限生かした投資先にしていただくことを切に願っています。

個人的なソーシャルレンディングへの投資判断

SBIソーシャルレンディングの続報を待っていますし、私のような投資初心者でリサーチ力も全然足りない人が言うのも気が引けますが、今後の環境整備や状況次第で投資も十分考えていますが、今は株やETF、不動産に集中しようかと思っています。

なのでSBIソーシャルレンディングの口座も作ったばかりですがしばらく見送り…。

システムいいので勿体無い…。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする