子供の楽天銀行口座開設は前途多難…

子供の銀行口座を開設する際に本人確認書類が必要になりますが、この書類の選択肢が非常に限られます。

今回キャンペーンもあったので楽天銀行で子供3人の口座を開設しましたが、最終的に住民票を選択するしかなかったのでまとめておこうと思います。




楽天銀行で必要な本人確認書類

楽天銀行以外も共通かはわかりませんが、楽天銀行の本人確認書類は以下の通りです。

子供なので運転免許などはそもそも取れない

このうち、子供が用意できないものは、運転免許所、年金手帳、福祉手帳になります。

また、一応(?笑)我が家は日本国籍なので在留カードなどは選択肢から除外します。

また、印鑑証明登録は15歳以上でなければ印鑑登録できませんのでこちらも除外。

さらに住民基本台帳カードは総務省のホームページを見ると

平成28年1月からマイナンバーカードが発行されることに伴い、住基カードの発行は平成27年12月で終了します。

総務省ホームページ参照

とあるのでこれも選択肢から除外するとこうなります。

パスポート、健康保険証もダメ…

このうち、パスポートは発行に収入印紙などだけで6,000円(12歳未満の場合)必要なので海外旅行などするというのであればいいですが、銀行口座開設のために作るのはもったいないですね…。

また、カード型と紙型の健康保険に必要な追加書類ですが、いずれも本人名義の公共料金の領収書・請求書もしくは納税証明書、社会保険料の領収書が必要です。

子供の名義でそんな領収書や請求書がある方はほぼ皆無だと思います…。

というわけでさらに選択肢が減り、

最終的には2択

はい。必然的に個人番号カードもしくは住民票の2択になります。

一番いいのは個人番号カードを作ることです。

最初に作る時は写真撮って送ればいいだけで無料でできます。

問題は、子供の場合は5年で更新が必要ということ。

そしてその更新に800円がかかるということですね…。

そして更新しなければ身分証明としての効力を失ってしまいます…。

子供が身分証明を必要とする場面はそんなに多くありませんが、いざ必要になった時に更新して発行されるまでに1週間から10日かかる個人番号カードは何かと不便です…。

と、いうわけで今回我が家では住民票で対応しました。

必要な時に300円払えばいいのですが、必要になる回数が多いと考えものですね…。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする