楽天証券で投信積立でも楽天ポイントが使用できるようになります

昨日のトップニュースですね。(笑)

第一報はtwitterで知りましたが、ついに楽天証券での投資信託の積立でも楽天ポイントが利用できるようになります。

つまりつみたてNISAでの利用も可能になることから、楽天ポイントの使い道が非常に広がります。




楽天ポイントでの積立設定が可能になった

以前から楽天証券では楽天ポイントで投資信託が購入できましたが、通常注文のみの取り扱いで、積立設定はできませんでした。

そのため、つみたてNISA口座でのポイントを使った投資信託の購入ができなかったのですが今年の9月30日から可能になります。

期間限定ポイントが利用できないのは今まで通りですが、楽天ポイントの用途がさらに広がり逆にポイント不足です。(笑)

感覚としては毎月の積立額の一部をポイントで支払う?

楽天証券のホームページを見るとどういった仕様になったかがわかります。

設定画面は9月30日以降になるでしょうが、ポイントの利用設定が「すべて」「毎月上限◯◯円」「毎日上限◯◯円」と設定できるようです。

その下には毎月3,000円の積立設定とポイント利用上限を毎月500Pにした場合のシミュレーションが図解付きで解説されています。

出典:楽天証券

この図解を見る限りでは毎月の積立額の一部をポイントで支払う形という理解になりそうですが、利用用途は多種多様になりそうですね。

楽天ポイントを他で使ってもその金額を投資に回せれば問題ない

非常に便利になった楽天ポイントですが、例えば買い物マラソンで10,000円購入し15%ポイントを得したとして1,500円分ポイントが付く計算になりますが、その分節約したとして1,500円を現金なり投資信託なりに回せればいいのですがなかなかそうはならないのが人間です。(苦笑)

また、現金なり投資信託なり資産形成を自分で管理できる方は無理に利用するサービスでもないと思います。

しかし、積立でもポイントが利用できるようになったことで設定しておけばほぼ自動で買い付けができるようになるので、本来不要なものを買ってしまい資産形成できないといったことをある程度防ぐことが可能になりそうです。

この変更を受けての我が家のプランは?

この変更を受けて9月30日からの我が家のプランはすでに決まっています。

上記のポイントを獲得してもその分それ必要?っていうのを買ってしまう癖があるのがそのまんま私と妻です。(笑)

なのでまずは今までの積立額に追加する形でつみたてNISAの枠で毎月1000ポイント分を定期購入するように設定変更する予定です。

これで年間12,000円分のつみたてNISA枠を使うことになります。

様子を見ながら増やしていくことも考えていますが、今後楽天モバイルへの以降もありポイントの使い道が増えるので年内は1000ポイントで様子見となりそうです。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする