まだ畳み掛ける楽天。楽天カードの支払いが楽天ポイントでも可能に

楽天半端ないってもぅ!

あいつ半端ないって!

楽天カードの支払いポイントで支払えるようにするもん!

あんなんできひんやん普通!

そんなん出来る?

言っといてや。できるんやったら。

新聞や。全部新聞や。

撮られたし。

また一面やし。

またまたまたまたいいサービスやし。

SPUにしとけばよかった1発に。

楽天うまいなー。

どうやったら楽天とめられるんやろ?

あれは絶対楽天経済圏入るな!

はい。(笑)

というわけで大迫半端ないですよね。

あ、違う。

楽天半端ないですよね。

楽天がポイントでの積み立て投資を可能にしたのを皮切りに、クレジットカードでの投資信託の購入と1%のポイント還元、楽天証券で月500円分ポイント投資でSPU1倍など一気に様々なサービスを提供し始めています。




楽天カードの利用金額をポイントで支払える

ここで一旦打ち止めかと思った矢先にまた新しいサービスの開始がアナウンスされました。

それが楽天カードの利用料金もポイントで支払うことを可能にするサービスです。

https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0905_02.html

何がすごいってポイントで支払うことができることもすごいんですが、ポイント還元です。

例えば100,000円を楽天カードで支払った場合、通常であれば1000ポイントが付きます。

仮に楽天ポイントで10000ポイント支払った場合、請求額は90,000円になりますので通常ポイントが900円に減ると思いきや、ポイントで支払った分も還元されるというところが何よりすごい!!

つまり90,000円を現金で支払って10,000円をポイントで支払っても合計で1000ポイントつくことになります。

支払いに使えるのは通常ポイントのみ

楽天カードの支払いに使えるのは通常ポイントのみで期間限定ポイントは利用できません。

支払いに使えるポイントですが、ダイヤモンド会員は一回の支払いに使えるポイントが50〜500,000ポイントですが、それ以外の会員は100,000ポイントが上限となります。

また、キャッシングで利用した分の支払いには利用できません。

私はダイヤモンド会員ですので50万ポイントまで利用できますが、そもそも一ヶ月の支出が50万円もありませんので(50万の支出あったら収入が足りてないので破産)上限としては十分です。

また、キャッシングも利用しないので問題ありません。

楽天カードの支払いにポイントを使う時の手順

楽天カードの支払いにポイントを使う時の手順ですが、まず楽天e-NAVIにアクセスします。

ログインすると以下の画面になります。

この画面の「お支払い(ご利用明細)」をクリックすると下の方に「ポイントでお支払い」と出ます。

サービス開始が9月12日からになりますので利用できないと出ますが、9月27日の支払い分から利用できるようになります。

ポイントで支払う場合は、その月の支払額が決まる12日から20日の22時までに手続きをすれば可能です。(一部金融機関では15日までのようなので注意。)

通常ポイントが利用できる幅が大きく広がる

このサービスの開始により特に楽天の通常ポイントの利用範囲が大きく広がります。

まず外せないのがSPU+1倍のために毎月1ポイントは通常ポイントを確保する必要があります。

その他は、投資信託を購入してもいいし、楽天カードの支払いに使ってもいいしということでできることの範囲が大きく広がりました。

通常ポイントをそれほど確保するのは難しいところもありますが、楽天カードが利用できる場所であれば実質現金で支払わなくてもいいことになります。

もちろんポイント欲しさに無駄なものを購入するのは避けなければなりませんが、非常に便利になったのは間違いありません。

というわけでもう一回言わせてください…。

楽天半端ないって!!




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする