2018年4月から調剤薬局で支払うお薬代が変わります

2018年4月から調剤薬局などに処方箋を持って行って受け取る時のお薬代が変わります。




これは2年に1度の診療報酬、調剤報酬改定と薬価改定というのがあるからです。

今後も予定としては2年に1度のペースで変わります。(薬価に関しては1年に1度変えるという議論がありますが今回は割愛します。)

毎回、この時期は病院や薬局は対応に追われバタバタとしますがそれが落ち着いた頃になんちゃらFPやらがテレビやブログで薬局での節約方法を説明するので先制パンチを打っておきます。(笑)

まず、だいたいテレビやブログで説明されている薬局における節約方法はスズメの涙程度なので一生懸命やる必要はありません

その理由を説明したいと思います。

薬代は大きく分けて2つに分かれている

まず処方箋を元に受け取る薬代についてですが、大きく分けて薬剤料と技術料に分かれています。

薬剤料

薬剤料というのはその名の通りお薬自体の値段で全国共通です。

どの薬局で受け取っても値段は同じです。

技術料

薬局によって値段が変わるのは後者の技術料になります。

まず、調剤基本料。

今回の改定では調剤基本料は5種類になります。

410円、250円、200円、150円、100円の5種類です。

薬局によってはさらに加算が350円付いているところがあると思いますが、この加算は相当薬局としての機能が充実しているところ(24時間調剤体制など)になります。

また、ジェネリック医薬品を多く取り扱っている薬局も加算が付いていて180円、220円、260円とこちらは3種類になります。

主に薬局によって変わる値段に関わるのはこの3種類(細かくいうと他にもあるけど今回は長くなるので割愛)。

最も高い時と低い時の比較

最も高い技術料になるのは410円+350円+260円の1,020円です。

一方最も低い技術料になるのは100円でその差は900円で約10倍となりますね。

なんだよ!10倍違うのにやる必要ないわけないだろ!

となるのはもうちょっと待ってください。

これは10割負担をした場合で実際みなさんは1〜3割負担だと思います。

なので3割負担で計算すると、306円と30円でその差はこれも10倍ですが差額は270円です。

これは1回薬局で薬をもらうとかかる料金なのでその節約効果は毎月薬をもらっても年間でも3,240円です。

安い薬局を探さなくていい理由

その差は数百円なのでわざわざ車や公共交通機関を使って安い薬局に持っていっても交通費でトントンになる場合や交通費の方がかかる場合もあるでしょう。

自転車や徒歩で行けば交通費はかかりませんが時間がかかります。

また、上記の調剤基本料が安い薬局は恐らくですが、かなり忙しい薬局です。

これは調剤基本料の設定の仕方や薬局経営の観点から忙しくないと薬局経営が成り立たないからです。(あくまでも予想の域を出ませんが。)

なので待ち時間も相当だと思われます。

その時間で時給800円の仕事した方が儲かります。

というのは乱暴な言い方ですが、私は一個人として少々の値段の差であれば時間を有効活用していただきたいです。

病状によっては薬を減らせないこともありますし、自己判断で薬をやめるのは危険なのでやめていただきたいですが、信頼できる医師と自宅近くの信頼をおける薬剤師のところに処方箋を持っていくといき納得いくまで話をする。というのが一番ではないでしょうか。

その中で薬を減らせないかなど一緒に考える必要があると思います。

さらに、もうお薬も必要ないからたまに検査に来てねっとなれば薬局そのものに行かなくて良くなりますので一番節約効果が高いです。

と偉そうなことを書きましたが、大前提として…。

あなたの薬が1つ減ると薬局はその分儲からないんですけどね…。(笑)

ま、それは置いておいて、月数百円の節約を一生懸命やるなら過剰な医療保険や生命保険、通信費などの固定費を見直した方が楽で速く大きな節約効果を生みだしますので、まずは楽で速くて大きな効果を期待できる節約から考えましょう。

実際、無駄な保険を解約するだけで月数千円は節約できると思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする