子供にゲームはさせない?Minecraftは子供にやらせたい素晴らしいゲーム

最近は更新ペースもゆっくりになってしまいましたが、程よい仕事の忙しさと子供とMinecraftをやるのに忙しく(笑)以前よりブログを書く時間が減っているのが原因です。(苦笑)

そして、今回は資産運用とかあまり関係ないゲームの話というなんともまとまりのないブログになってきました。




ゲームをすることは「悪」

私の年代だとちょうど小学生くらいの時に任天堂からファミリーコンピューターが発売され人気を博したドラゴンクエストやファイナルファンタジーを親にやめなさい!と散々怒られ、時にゲーム機を隠され家中探し回ったり、時にゲームをしている最中にゲーム機を蹴られてセーブデータが消えるという苦行に耐え…。と基本的にゲームをすることは「悪」とされてきました。

理由は様々ですが、とにかくゲームを長時間することは悪いこととされ、厳しい制限をされている記憶の方が多いと思います。

このゲームをすることは「悪」だということは現在でも変わりなく、ネットで少し探しただけであの手この手で子供が長時間ゲームをしない方法が出てきます。

〇〇=悪という固定観念こそが怖い

自分の結果だけを万人に適応するのはあまりにも危ないことですが、私たちが子供の頃に親から言われた悪影響は大人になった今どれくらいあるかと言われるとすごく微妙な気がします。

もちろんそれは親がある程度ゲーム時間の規制をかけてくれたからという側面もあるかと思いますが、私は親から散々言われながらも結構長時間ゲームをしていた人です。(苦笑)

しかし、目は悪くなっていないですし一応それなりに稼げています。(もっと稼ぎたいけど。笑)

子供とゲームに関する研究は数多くありますが、研究デザイン上仕方のないことだと思うのですが、相関関係はわかっても因果関係がわからないということが多い印象を受けます。

つまりはっきりしたことはわからないんですね。

学校の成績と睡眠時間は相関性が見られてたんだったかな?

何れにせよ、「ゲーム=悪」という固定観念こそが私は非常に危ないのではないかと考えています。

我が家のゲームと勉強事情

そんなわけで我が家のゲーム事情はというと、小学校3年生の長男はゲームにどっぷりです。(苦笑)

もう学校から帰ってくるとゲーム三昧…。

もちろん妻と私からガミガミ言われながら宿題は終わらせていますし、ある程度学童保育で宿題を終わらせてきていることが大きいとは思います。

成績はまあ…。それなりです。(笑)

一時期漢字のテストで酷い点数を取ってきた時もありましたが、あの時は大してゲームはしてないんですよね。

で、ゲームをするようになって成績はどうかというと正直対して変わってません。

ただ、突出しているのが図形の勉強。

これがまあ親もびっくりするほど得意です。

もともとレゴブロックなど自分で作るおもちゃが大好きだったというのも影響していると思いますが、ここで私のおすすめゲーム「Minecraft」を取り上げてみたいと思います。(前置き長すぎ)

Minecraftとはどんなゲーム?

Minecraftとは超大人気ゲームで正式版は2011年に発売されました。

現在ではパソコン、スマホ、タブレット、プレイステーション、Nintendo Switchなどなど様々な端末で遊ぶことができます。

私たちが子供の頃のゲームといえば、デスピサロを倒すとかエクスデスを倒すとか目的がありました。

Minecraftは違います。

「何してもいい」んです。というのは少し語弊がありますが、一応Minecraftにもラスボス的な敵キャラはいるのですがそれを倒しに行かなくても全然いいのです。

倒さなければ手に入らないアイテムもあるのですが、それはクリエイティブモードというモードで遊べば自由に使うことができます。

むしろ敵が全くいない状態で自分が思い描いた建造物を作ってもいいし、便利な装置を作ってもいい。

基本的になんでもできるし、していいゲームです。

そんなMinecraftの特徴をざっくりと3つ上げていきたと思います。

Minecraftの特徴その1:建造物で立体感覚が養われる

自分の家を作ってもいいし、学校を作ってもいい。

私の子供は自分で調べてきたのか水族館と動物園を作っていましたね。

水族館を作った場所は忘れたそうで現在所在不明です…。(笑)

この色んなものを作るという事から立体的な視点というの養われていると思います。

こういう建造物を作りたいからここは何マスあけてとか、あっちは何マス積み上げたからとか、立体的な感覚が遊びながら養われていきます。

Minecraftの特徴その2:フリップフロップ回路などの理解ができる

もう一つの特徴が「レッドストーン」というゲーム内のアイテムを用いた回路です。

自動ドアを作ったり、作物が育ったら自動で収穫してくれる装置を作ったりとMinecraft内での生活を便利にしてくれます。

このレッドストーン回路は様々な作り方で10種類以上回路を組むことができ、その中にフリップフロップ回路などコンピューターの基本回路ともなっている回路まで存在しています。

私はフリップフロップ回路って何?それうまいの?というレベルなのですが、子供も私も色んな動画などを真似して色んな回路を作ります。

こういう風に動かすにはどう回路を組めばいいか。という論理的な思考ができるようになりそうです。

Minecraftの特徴その3:村人との取引で需要と供給を知る

これは4月23日の最新のアップデートで導入されたシステムです。

Minecraftの世界には「村」というのが点在しており、村人が住んでいます。

この村人は様々な便利なアイテムとMinecraft内の通貨である「エメラルド」を交換してくれるゲーム内で非常に重要な存在です。(アイテムを交換する以外でも重要な役割を担っていますし、逆にアイテムを村人に渡しエメラルドを受け取るということもできます。)

プレイヤーがエメラルドを村人に渡し、村人は便利なアイテムをくれるのですが以前のバージョンまでは交換の制限がほとんどありませんでしたし、取引に必要なエメラルドも一定でした。

ところが今回のアップデートでは1日で交換できるアイテムの上限が設けられ、村人は夜ベッドで寝て翌朝にならないと交換できません。

いくらゲーム内とはいえ睡眠は大事ですね。今までブラック企業も真っ青な状態で働いていたわけですから。(笑)

そして、注目すべきは取引を繰り返していると取引に必要なエメラルド(アイテム)の数を増やしてくることです。

需要が多いので値上げというわけですね。

逆に、あまり取引しないとエメラルドの数を減らすそうです。

需要が少なく供給が過多になるので値下げする、需要が多く供給が少なくなると値上げするのは現実世界と同じです。

こうした、需要と供給の関係がこちらも楽しくゲームをしながら理解していくことができるわけです。

子供にやってみて欲しいと思えるMinecraftは最高に面白い

というわけでMinecraftがどういったゲームなのかぼんやりとわかっていただけたでしょうか?

まとめると、立体感覚を養えて、各種回路を組み上げることで論理的思考が身につき、需要と供給の関係もわかってくる。

果たしてこのようなゲームをやるな!と頭ごなしに言えるかというと私には言えません。

私が子供の影響でMinecraftを始めてみたとき、何してもいいって言われても何すればいいんだ!?と身動きが取れなくなることに非常に恐怖を覚えました。

今までやる事を「与えられていた」人間は何をしてもいいと言われても困るという現実に非常に恐怖を覚えました。

子供には自分で考えて行動する人間になって欲しいと思っていましたが、いざ自分がゲーム内とはいえ自分で考えて行動しようと思ったときに動けないのです。

そんな状態だったのでMinecraftで最初の難関の「初めての夜」は子供に支持されるがままなんとか乗り切ったという状態だったわけですが、ゲームを通じて自分で考え、行動することが自然と身についているような気がしてなんだか泣きそうになってしまいました。(笑)

もちろん、家でずっとゲームをしているというのもどうなんだろうか?という気持ちもありますし私が子供の頃にハマりまくったドラゴンクエストやストリートファイター2など名作ゲームから学べることも多いです。

外で遊ぶことや、ゲームをする時間を決めるなどのスケジュール管理も必要です。

しかし、このような素晴らしいゲームがあるのにゲーム=悪という親の固定観念で子供の未来を潰したくないのは親なら誰でも同じ気持ちだと思います。

というわけで、かなり私自身がMinecraftにハマっているというポジショントークもありますが素晴らしいゲームなのは間違いありませんし一度購入するとその後のアップデートで長く楽しめるゲームです。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする