金融庁が発表した2000万円足りないというニュースに振り回されないで

金融庁が発表した報告書で2000万円足りないというニュースに振り回されまくっている方をよく見るようになりました。(リアルの方で特に…。)

私のリアルの知人がこのブログを読んでいるとはあまり思えませんが、そういった方々に少しでも届けばいいなと思い他の方もブログやツイッターで言及していることをあえてブログに書き残しておこうと思います。

とその前に自分で一度でもいいので金融庁の報告書を読んでみましたか?

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603.html

上のURLから読めますので一度読んでみましょう。

難しい単語でよく分からなければツイッターなどなんでもいいので詳しそうな方に聞くか、グーグルで調べてみましょう。




2000万円不足するなら年金を返せ!は間違い

まず、最大の勘違いは2000万円不足するなら年金を返せ!という主張です。

酷い言い方になってしまいますが、そういう主張をされている方の年金に関する発言には耳を貸さないことをオススメします。

理由は単純です。

年金がなければ不足するのは2000万円どころではないからです。

上記の金融庁の報告書を参考に計算すると毎月の支出が約26万円ですので老後30年間で9360万円必要です。

約1億円ですよ?

年金返せ!!って言えます?

逆に、年金を返してもらって自分で2000万円貯めたとしましょう。

月の平均支出が26万円なわけですから約77ヵ月分貯められたことになります。

たったの6年分です。

65歳で引退し、6年間貯蓄分で食いつないで71歳。

残りの人生どうしますか?

年金があてにならないのではなく、年金があっても足りないことが予想されるので自助努力しないとね。と言ってるわけですが、これは何もこの金融庁の発表で初めてわかったことではなく以前からわかりきっていたことですよね。

色んな所で話がすり替わっているのですが、ここがすり替わるとわけわからなくなります。

繰り返しますが、年金に頼るなと言ってるのではありません。

これだけ長生きするようになったのだから、年金だけでは賄いきれないかもしれないと言っているのです。

老後の支出で気になる所

こういった情報はセンセーショナルな言葉に惑わされずにしっかりと自分で中身を確認し判断することが大事です。

これは薬の話にも共通するのですが、今回は割愛します。

上記の金融庁の資料では月の支出額が26万円ほどと計算されていますが、このうち住居費は13,000円ほどで計算されています。

今の高齢者のほとんどが持ち家だからでしょう。

つまり住居を賃貸する場合や有料老人ホームなどに入ることになるともっと支出額が増えることが考えられますし、持ち家だとしても住居の老朽化によるリフォーム代は別途用意する必要があるということになります。

せっかくギャーギャー騒ぐならこういった部分に焦点を当てて欲しいですね…。

つまり個人的には2000万円という金額は最低限必要な金額なのかなと思いますし、これは収入のほとんどを年金で賄った時の試算なのでそれ以外の収入があれば全く話が変わってきます。

年金は最強の保険

何度でも繰り返しますが、年金が支払えなくなるとか、年金に頼るなと金融庁は言っているのではありません。

発言者が有名、無名問わず話がとんでもない方向に行っています。

また、現在の日本の年金制度は民間の保険会社ではなかなか真似することが出来ないほど手厚く保証されています。

老後の年金だけではなく、遺族年金や障害年金もあり2000万円も足りなくなるなら年金返せとは到底言えない制度だと思います。

本当に??と疑っている人は是非1度日本の年金制度を調べてみてください。ざっとでもいいので。

そして年金返せといっている人達が本当に年金を返してもらった末路を想像してみてください。

私はゾッとします…。

ただ、私も国には要望がある

なので今回の金融庁の報告書は今更騒ぎ立てるような内容ではなく、むしろ私は丁寧な対応だったと感じています。

すでにわかっていたことをまとめ大々的に発表したわけですから。

しかし、国にも自助努力しやすい環境の整備をして欲しいと思います。

つみたてNISAやiDeCoという制度を作ったのは素晴らしいと思いますが、それ以上にNISAの恒久化や各種控除。それも投資に限らず様々な方法で資産形成がしやすくなる制度を作って欲しいと願います。

さらにただ作るだけではなく、なし崩し的な制度でもなく世界中の様々なエビデンスも合わせて考えられた制度を作って欲しいです。

そして私達は2000万円なんて…と悲観的になる気持ちはわかりますが、悲観的になっていても何も始まりません。

自分に何かできることを少しずつでも初めて行かなければならないと思います。

とはいえ、私が少し考えたのは将来家賃1万円でも住めるような住居を5〜10軒用意すれば安泰じゃ〜んとすごく安直な考えをしているので偉そうなことは言えないですが…。




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする