今度は楽天証券が米国株式の最低購入手数料を大幅に引き下げ

昨日マネックス証券が米国株の最低購入手数料を0.1ドルにすると発表し大騒ぎだったのですが、なんとなんと今日になって楽天証券が米国株の最低購入手数料を0.01ドルにすると発表しました。

楽天証券、SBI証券などネット証券の追随もあるかな?あるだろうな。と思ってましたがまさかこんなに速く追随するとは…。

というかマネックスのさらに1/10ですし…。




楽天証券では約2.3ドル以上の購入で手数料負けしなくなる

楽天証券は7月22日約定分から最低購入手数料を0.01ドルにすると発表しました。

昨日マネックスが発表したのは0.1ドルですのでさらに安い…。

最低購入手数料が0.01ドルなので楽天証券で米国株式を購入する際の手数料は約定代金の0.45%だと思っていいくらいの水準ですね。

約200円ほどの取引以上が約定代金の0.45%の手数料となるわけですから。

もう手数料負けという言葉も死語になりそうな勢いです。

完全に置いていかれたSBI証券

このまるで用意していたかのような楽天証券の米国株の最低購入手数料引き下げですが、これで完全に置いていかれてしまったのがSBI証券です。

楽天証券 マネックス証券 SBI証券
最低購入手数料 0.01ドル 0.1ドル 5ドル
手数料 0.45% 0.45% 0.45%
最高購入手数料 20ドル 20ドル 20ドル

もうこうして比べるまでもなく差は歴然…。

私は住信SBI銀行のドル積立が手数料も安く気に入っているのですが、手数料負けしないように購入するには数ヶ月かかります。

それが楽天証券やマネックス証券ではほとんど手数料負けを気にせず購入できるという点は個人的にかなりのアドバンテージだと思います。

SBI証券の判断はいかに!?

超個人的な意見ですが、マネックス証券は取扱い銘柄の多さが非常に助かっているのですがサイトの使いにくさや為替手数料、ドル転のわかりにくさなどマイナス点もありました。

そこに最低手数料0.1ドルという個人投資家にとって非常にありがたい手数料設定をしてくれました。

一方の楽天証券は国内株式や投資信託のサイト使いやすさはピカイチ。(私は米国株式の取引画面はどうか知りませんが…。)

マネックス証券より取扱い銘柄は少ないと思いますが(調べてません)使いやすさはマネックス証券よりも上でしょう。

そして、SBI証券です。

SBI証券はサイトも使いやすくドル転もわかりやすいです。

さらに住信SBI銀行のドル積立を利用すると為替手数料も格安でSBI証券へドルを移すのも容易。

取扱い銘柄はマネックス証券には敵わないもののかなりの数を取り扱っています。

しかし、この手数料合戦は追随しなければマネックス証券、楽天証券に移行する人も出てくるでしょう。

これはSBI証券の判断待ったなしだと個人的に思います。(というか追随してくると思います。)




いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする