忙しい医師でもできる株式投資戦術を読んでみた

twitterではバフェット太郎さんの新書の話題で持ちきりですね。

私は医師ではありませんが、明らかに忙しい職業の医師がどういう投資戦術で行っているのか非常に気になり読んでみた本があるので感想を残しておこうと思います。

忙しい医師でもできるDr.Kの株式投資戦術 [ Dr.K ]

価格:3,024円
(2018/5/4 13:10時点)
感想(1件)

ネタバレもあるかもなので気になる方はここでやめていただければと思います。

あまり内容のことは書かないつもりではありますが…。




医師の間では株式投資よりも不動産投資の方がメジャーなようですね。

実は薬局にもしょっちゅう不動産投資しませんか?といった趣旨の電話がかかってきます。

明らかに宅地建物取引業違反ではないか?というケースも散見しますが、とりあえず置いておいて…。

アンケート調査では不動産投資よりも株式投資の方が資産運用先としての割合が多いことも紹介されています。

内容は、証券会社の口座開設やチャートの基本情報、入口戦略から出口戦略まで中長期目線の個別銘柄のバリュー投資の方法を中心に書かれています。

ちょっとネタバレしますがこの本読んで私も医療関係者だからバイオや製薬だ〜!と特攻して玉砕した一人だと苦笑いしてました…。

各種指標の開設や情報を収集できるサイトの紹介などもありますし、決算書やバランスシートの見方などページは200ページもありませんがその割には情報豊富かなと思います。

また、例に個別銘柄も用いて紹介されており非常にわかりやすく実践的な内容になっているかなと思います。

綺麗に要点がまとめられていて読みやすくすらすら読めます。

医師の中でも医師になったから将来安泰と考えていない方がたくさんいる中で、薬剤師は?と振り返るとまだ資産形成とかマネーリテラシーは低いかなと思います(私も含めて)。

また、医師が将来安定でないなら日本の薬剤師はもっと安泰ではないでしょう。

一歩踏み出して学びながら資産形成していきたいと改めて思える本でした。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする