東北電力からまちでんきへ。そして楽天に反旗を翻す

楽天信者らしく電気も楽天エナジーが提供するまちでんきへの移行しています。

もちろん、当時利用していた東北電力との比較を行った上でまちでんきの方が若干ですがお得だったので乗り換えました。




東北電力とまちでんきの差額

過去2年間の電気使用量を引っ張り出してきてシュミレーションしましたが、年間で2,000円ちょっとでしたがまちでんきの方がお得という結果でした。

しかし、東北電力のよりそうeねっとには契約年数が長くなるとポイント還元が多くなり、利用明細サービス利用で50ポイント、クレジット払いで25ポイント、利用年数に応じて最大50ポイントで合計125ポイントになります。

一方のまちでんきは10kWhあたり1ポイントなのでポイント還元的には東北電力だったんですよね…。

ポイント分も加味すると両社の差は実はほとんどなかったんですね…。

それでもポイントの使いやすさとわずかでも安いもんは安いということでまちでんきに移行し4ヶ月ほどが経過しました。

ところが、調べてみるともっと安くなるところが出現しているではないですか!

この情弱め!!っとののしられそうです…。

価格.comで調べた限りでは「はなカメくん電気」なるのが最もお得と出てきました。

…。

以前はなかった気がするんだけど気のせいかな…。

シュミレーションしてみる

シュミレーションしてみましょう。

 2015年11月〜2016年10月2016年11月〜2017年10月2018年1月〜2018年4月
東北電力108,070円100,484円69,473
まちでんき105,509円98,102円69,163
はなカメくん電気97,848円91,563円59,988

なんと、過去2年に渡って6,000円以上も節約できる計算になります。

マジでか。

この過去2年は冬場はガスストーブを中心に使用していたのですが、今年からエアコンやこたつなどの電気中心に変更しています。

データがないので2018年1月からの記録になってしまいますが、最も電気を使う1〜2月を含めた4ヶ月でもう9,000円ほどの節約になっています。

5月以降の電気代は過去2年と変わりないと思うので、過去2年分の平均電気使用量で計算すると…。

13,000円以上の節約になる計算です。

マジですか…。10%以上の節約なんですけど…。

なぜ今まで気づかなかった…。

楽天に反旗を翻す

というわけで、まちでんきは解約手数料などもかからないのですぐにでもはなカメくん電気に変更予定です。

ただし、はなカメくん電気は1年以内に解約すると2,160円の手数料が掛かる点は注意ですね。

この4ヶ月節約分で積立NISAで増やしたEXE-iシリーズ1.5ヶ月分になるんだし早く切り替えとこ…。

いくら楽天信者とはいえ他の方が安いなら遠慮せずに乗り換える尻軽男で本当に申し訳ない。

私が住んでいる地域ではガス自由化はまだ全然普及していないのでガスのサービスも始まったら戻るかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする